JDIが大幅続落、台湾TPKが出資見送り通知

・台湾CGLも撤退の可能性
・一時10%超下げる

17日前場の東京株式市場でジャパンディスプレイ(JDI)<6740>が大幅に続落。経営再建中のJDIに対し最大800億円の支援を予定していた台中3社連合のうち1社が支援からの撤退を正式に通知したことが背景にある。

JDIは3営業日の続落。午前10時22分現在、前週末比3円(5.26%)安の54円で取引されている。一時、10.52%安の51円まで売られた。

出来高は現時点で東証1部トップの2038万7500株。

JDIが17日発表したリリースによると、支援を予定していた台中3社のうち、台湾の電子部品大手TPKホールディングスが支援からの撤退を通知した。また、可否を通知していない台湾の投資ファンドCGLグループも撤退する可能性が高いとみられている。

残る中国ファンドのハーベストグループを軸にJDIは交渉を継続する方針。ハーベストは27日までに出資実行に必要な内部機関決定に諮るという。

ハーベストは台湾2社の分を補填するため、別のファンドや中国家電メーカーを加えた代替案を提示したことが報じられているが、先行きは不透明。

台中連合による出資は4月に合意。普通株式の発行と株に転換できる社債で計600億円、必要に応じ転換社債を追加発行して200億円を調達する内容で、これを前提に特別損失計上や人員削減を決めた。600億円のうちTPKが251億円(41.8%)、CGLが142億円(23.6%)、ハーベストが207億円(34.5%)を拠出することになっていた。

従業員1200人削減

台中連合からの金融支援の受け入れを前提とした固定費圧縮策の一環として、JDIは今月12日、国内従業員の約25%にあたる1200人の希望退職を募ると発表していた

また、米アップル向けのパネルを生産する白山工場(石川県)の7月から9月までの停止と、茂原工場(千葉県)の後工程ラインの9月の閉鎖を決定した。

白山工場の再稼働は今後の需要やアップルからの受注動向を踏まえて9月末までに判断する。JDIは同工場の資産について2019年3月期に747億円の減損損失を計上したが、20年3月期に追加の減損損失を計上する可能性がある。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界16,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。