外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

株式

その他の記事: ニュース&分析レポート 取引戦略レポート
出所:ブルームバーグ

米国のインフレ期待と実質金利 / ドル円とユーロドルのチャートポイント

米国のインフレ期待が低下していることで実質金利は上昇ムードにある。実質金利の動きは短期に米ドル相場のサポート要因となろう。ドル円は再び136円台へ上昇。ユーロドルは1.06レベルがレジスタンスの水準として鮮明になってきた。目先の注目材料とチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-06-29T01:57:37+0100

出所:ブルームバーグ

米国株の分析レポート 第4回

米国株の分析レポート第4回目のテーマは「決算」です。今年は好決算の銘柄を丁寧に選ぶことができるかどうか?でパフォーマンスの明暗が分かれる可能性が高いことを1月の株価が教えてくれています。詳細はレポートをご覧ください。※このレポートは2022年2月2日に配信されました。

2022-06-17T10:03:09+0100

出所:ブルームバーグ

米国株の分析レポート 第2回

米国株の分析レポート第2回。今回は、2022年の米国株を考える上で重要な「3つ」のキーワードについて解説します。キーワードから見えてくる注目セクターと銘柄は?詳細はマーケットレポートをご覧ください。※このレポートは2022年1月11日に配信されました。

2022-06-17T10:02:56+0100

出所:ブルームバーグ

パウエル発言と米金利の反応 / ドル円の焦点とチャートポイント

米ドル相場は金利の動きに左右される展開が続いている。今日はパウエルFRB議長の発言と米金利の反応に注目したい。ドル円は新たなサポートポイントを見極める局面にある。目先、その候補として挙がる水準はどこか?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-04-20T23:46:23+0100

出所:ブルームバーグ

円安けん制の効果なくドル円は127円台の攻防へ / ユーロドルは1.07ミドルのトライ&ブレイクが焦点に

ドル円は本日朝に127円台へ上昇。国内からは円安をけん制する言動が相次いでいるが効果は限定的。ドル円は引き続き上昇トレンドを意識する局面にある。ユーロドルは1.08を完全に割り込む展開に。目先の焦点は1.07ミドルのトライ&ブレイク。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-04-19T01:28:32+0100