リスク管理について

CFDやFXはレバレッジを利かせた金融商品です。少額の資金(証拠金)でその何倍もの資金を取引できるのが魅力ですが、同時にリスクも伴います。どのようなリスクと対処方法があるのかを見ていきましょう。

レバレッジとは?

レバレッジとは「梃子(てこ)の原理」を意味します。レバレッジを利用した取引では、少ない資金(証拠金)で大きなエクスポージャーを動かすことが可能です。少ない資金で大きな利益を得られる一方、当初の資金の何倍もの損失が発生することがあります。 レバレッジ取引の詳しい説明はこちら

想定されるリスク

リスク 内容 対応策
価格変動リスク 価格が思わぬ水準に達すること 不利な価格になったら注文が執行される ストップ(逆指値)注文や、有利な価格になったら注文が執行される リミット(指値)注文、また損失を限定しつつ利益を最大化する トレーリングストップ
スリッページリスク 約定が注文よりも不利になること 100%注文価格で約定する ノースリッページ注文
強制ロスカットリスク ポジションが強制的に決済されること 常に残高バランスを把握する。指定レート到達を知らせる アラート機能を活用

リスクを抑えるために

ストップ(逆指値)注文で損失を最小限に

ストップ(逆指値)注文を設定すれば、価格が不利な水準に達した場合に自動で取引が執行されます。そのため、損失を最小限に抑えることができます。 詳しくはこちら

※ただし、スリッページが発生する可能性があります。スリッページリスクを完全に排除したい方はノースリッページ注文をご利用ください。

リミット(指値)注文で有利なレートで約定

リミット(指値)注文を設定すれば、価格が有利な水準に達した場合に自動で取引が執行されます。利益を拡大させたいときに有効な注文方法です。 詳しくはこちら

トレーリングストップ機能で利益を逃さない

トレーリングストップとは、価格が有利な水準に動いた場合、指定したストップレートと価格の差を維持しながら、自動的にストップレートを更新する機能です。そのため、損失を限定しつつ利益を最大化することが可能です。 詳しくはこちら

※ただし、スリッページが発生する可能性があります。スリッページリスクを完全に排除したい方はノースリッページ注文をご利用ください。

ノースリッページ注文で100%指定レートで約定

相場急変時でも100%指定レートで約定するノースリッページ注文。わずかな保証料(注文が約定された時のみに徴収)で可能です。 詳しくはこちら

※新興国通貨ペアではお取引できない場合がございます。詳しくはヘルプデスクにお問合せください。

残高をこまめに確認してロスカットを回避

口座の残高が一定の割合を下回った場合に強制ロスカットが行われる可能性があります。強制ロスカットを回避するために、証拠金有効残高をこまめに確認する必要があります。 強制ロスカットについてはこちら

アラート機能でレートを常に把握

指定のレートに到達したらお知らせが来るアラート機能で、レートを常に把握することができます。 詳しくはこちら

IGアカデミーでトレードスキルを向上させましょう

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。
 

FAQ

リスク管理システムについて、お客様からお問い合わせいただくご質問を項目別にまとめてご紹介しています。

取引プラットフォームで利用できる注文方法にはどのようなものがありますか?

取引プラットフォームでは以下の注文方法がご利用いただけます。

  • マーケット注文
  • マーケット注文のワンクリック取引
  • リーブオーダー
  • リミット(指値)注文
  • ストップ(逆指値)注文
  • ストップ幅指定注文
  • ロット優先(成行)注文
  • トレーリングストップ注文
  • IFDone注文
  • OCO注文
  • IFDoneOCO(IFO)注文
  • 一部約定オプション(注文済み全ロット数のうち、注文可能なロット数をすべて約定できる機能)
マーケット注文の出し方を教えてください

通貨ペア・銘柄の左側に表示される緑色のボタン、通貨ペア・銘柄、または売値か買値をクリックしていただくと、取引チケットが開き、弊社のマーケットレートにてご注文いただけます。

マーケット注文のワンクリック取引の方法を教えてください

ワンクリック取引は以下のご操作でご利用いただけます。

  1. 「My Account」内の各種設定より"取引環境設定"項目からワンクリック取引を有効にします。
  2. ウォッチリストやマーケット画面を「ペア表示」にしていただき、あらかじめ取引ロット数を入力または上下ボタンで設定しておきます。
  3. 画面上の買値または売値をクリックしていただくことで、スピード注文が可能となります。
    ご注文は即時に証拠金チェックが行われ、即時に約定されます。
リミット注文の出し方を教えてください

リミット注文は買いの場合現時点よりも低い価格に、売りの場合現時点よりも高い価格になった場合に、すなわち現時点よりも有利な条件で取引を行う注文です。

新規注文時:リミット注文はチケット画面上のリミット欄の値幅から指定ができます。
リーブオーダーに対して:リミット注文は未決オーダー画面の銘柄のオプションメニューから「注文内容の変更」を選択してチケット画面のリミット欄に値幅を指定して発注ができます。
保有ポジションに対して:リミット注文はポジション一覧画面の銘柄のオプションメニューから「リミット・ストップ」を選択してチケット画面のリミット欄に清算希望価格を指定して発注ができます。

ストップ注文の出し方を教えてください

ストップ注文は買いの場合現時点よりも高い価格に、売りの場合現時点よりも低い価格になった場合に成り行きで注文を出す手法です。ポジションの損失を抑えるために利用することができます。

新規注文時:ストップ注文はチケット画面上のストップ欄の値幅から指定ができます。
リーブオーダーに対して:ストップ注文を付加する場合は未決オーダー画面の銘柄のオプションメニューから「注文内容の変更」を選択してチケット画面のストップ欄に値幅を指定して発注ができます。
保有ポジションに対して:ストップ注文を付加する場合はポジション一覧画面の銘柄のオプションメニューから「リミット・ストップ」を選択してチケット画面のストップ欄に清算希望価格を指定して発注ができます。

トレーリングストップ注文の出し方を教えてください

トレーリングストップは、特に値動きの激しいマーケットで非常に便利なストップ注文機能です。この機能を使うとマーケットがお客様に有利に変動した 際、ストップレートがご指定の水準とマーケットプライスの差を維持しながら、自動的にマーケットを追従して変更されるため、お客様は常にマーケッ トをモニターしたり、ストップレートを変更したりせず、清算値幅を変更できます。

ご利用いただくには「My Account」内の各種設定より"取引環境設定"項目からトレーリングストップを有効にします。

チケット画面の「トレーリングストップ」にチェックをしてストップ値幅とステップ値を設定します。

IFDone注文の出し方を教えてください

「IFDone注文」とは、ポジション保有の新規ストップもしくは新規リミット注文に対して、清算のストップもしくはリミット注文を同時に設定する注文方法です。
リーブオーダーのチケット画面のリミット欄またはストップ欄に清算希望価格を指定して発注ができます。

IFDone注文の出し方を教えてください

「IFDone注文」とは、ポジション保有の新規ストップもしくは新規リミット注文に対して、清算のストップもしくはリミット注文を同時に設定する注文方法です。
リーブオーダーのチケット画面のリミット欄またはストップ欄に清算希望価格を指定して発注ができます。

OCO注文の出し方を教えてください

OCO注文とは1つのポジションに対して、リミット注文とストップ注文を同時に出す手法です。リミット、ストップのどちらかが約定した際にはもう一方の注文はキャンセルされます。
ポジション一覧画面の銘柄のオプションメニューから「リミット・ストップ」を選択してチケット画面のリミット欄とストップ欄に清算希望価格を指定して発注ができます。

IFDoneOCO(IFO)注文の出し方を教えてください

ポジション保有の新規ストップもしくは新規リミット注文に対して、清算のストップとリミット注文を同時に設定し、一方が約定されるともう一方が自動的にキャンセルされる注文方法です。
リーブオーダーのチケット画面のリミット欄とストップ欄に清算希望価格を指定して発注ができます。

リーブオーダーの注文内容を変更するにはどうしたらいいですか?

未決オーダー画面で変更したい銘柄のオプションメニューから「注文内容の変更」を選択してチケット画面を開いて変更ができます。

こちらの情報もご覧ください

  • リスク限定オプション

    IG証券のリスク限定オプション取引は、最大損失額が限定されています

  • 投資について学ぶ

    40年に渡り蓄積された豊富な経験をもとに、IGグループはお客様の取引スキル向上に必要なサポートを常に提供しております

  • IGについて

    IGは1974年に金取引業としてスタート。個人投資家に金の革新的な取引手法を提供しました。
    それ以降、世界のマーケットリーダーとして市場を確立しています。

alert

アラート機能

アラート機能とは指定したレートに達した際に通知をする機能です。保有中のポジションや気になる銘柄が指定のレートに達した際にアラート通知が届きます。

金融マーケットは何が起こるか分かりません。急なイベントによりレートが上下することもあり得ます。そのような際にアラート機能を設定しておくと、取引画面を見続けることなく、モバイルの活用によりいつでもどこでもレートに達したことを把握できるため、マーケット変動を味方につけて保有ポジションの取引戦略を立て直したり、利益獲得チャンスを狙うことが可能です。

該当銘柄が指定レートに達すると、取引プラットフォーム上に“アラート”画面のポップアップが立ち上がります。また、取引アプリでプッシュ通知を受け取ったり、指定したメールアドレス宛に通知することも可能です。

様々な銘柄を同時に取引する際のリスク管理機能としても非常に便利です。

  • ご利用は無料
  • ポジションは保有したまま、レートが設定レベルに到達したことを即察知
  • アラート通知はご登録のメールアドレスへ即配信

tstop

IGグループのリスク管理機能

損益状況の把握

グループの取引プラットフォームでは、現在保有しているポジションの損益状況を簡単に把握できる仕様となっています。

優れた約定率

突然、マーケットのトレンドが急変しても、優れた約定率を誇るIGグループの取引プラットフォームを利用すれば、即座に利益を確定させることも損失を限定させることも可能です。

新規顧客向け入門プログラム

IG証券では、新規口座開設をしていただいたお客様向けプログラム「入門プログラム」をご提供しております。
新規口座開設後に取引口座を有効化いただくと、お客様がIG証券の取引プラットフォームに速やかに慣れ親しんで頂けるように2週間の期間限定で通常より少ない取引数がお選びいただけるプログラムです。

margincall

マージンコールと強制ロスカットが発生する例

例:証拠金残高100万円、必要な証拠金が30万円の場合

Trailing

トレーリングストップとは ― 損失を限定しつつ利益を最大化

トレーリングストップとは、マーケットがお客様に有利に変動した際、指定したストップレートとマーケット価格の差を維持しながら、自動的にストップレートを更新する機能です。
利益の拡大が進んでいる間はストップレートが有利な方向に更新され、それが逆転した場合は最新のストップレートで清算されます。
つまり、損失を限定しつつ利益を最大化することができるのです。

通常はマーケットをモニタリングしながら設定価格を変更しなければなりませんが、トレーリングストップを付加すると、この必要がなくなり自動的に設定価格の更新が行われますので、値動きの激しいマーケットでは特に効果的な機能と言えるでしょう。

トレーリングストップは、売り/買いどちらでも設定でき、
A:ポジション保有時と同時に付加する
B:保有ポジションに付加する
の2種類の方法があります。

トレーリングストップの有効化

トレーリングストップをご利用いただくには、「トレーリングストップの有効化」を行っていただく必要がございます。有効化は取引システムの画面上で簡単に行えます。

Step1

取引プラットフォームの画面左上「My Account」をクリックし、「各種設定」から「取引環境設定」を選択します。

トレーリングストップ- 取引環境設定

Step2

「トレーリングストップを有効にする」にチェックを入れ、画面をスクロールして最後の「取引環境の設定」をクリックすれば設定完了です。

トレーリンフストップ

Step3

有効化を行うと、トレーリングストップが利用可能な銘柄(下記参照)の「チケット」に、「トレーリングストップ」のチェックボックスが表示されるようになります。

チケット

トレーリングストップの仕組み

では、A・Bそれぞれの仕組みについて具体例を挙げて見ていきましょう。

A:ポジション保有時と同時に付加する

ポジション保有時に、以下の2つの水準を設定します:

  1. ストップの値幅:ポジション約定価格からストップ注文までの値幅(ポイント数)
  2. ステップ値:ストップ注文価格を変動させる値幅(ポイント数)

例:ドル/円の買いポジションを100.00円で、以下のようなトレーリングストップを付加して保有する場合

  1. ストップの値幅:約定価格から30ポイント(0.30円)下に設定
    →ストップレートは99.70円
  2. ステップ値:10ポイント(0.10円)に設定
  • ドル/円が上昇し、マーケットレート(現在値)が100.10円になりました。
    →マーケットレートが約定価格100.00円から10ポイント(2)上昇したので、ストップレートはそこから30ポイント(1)下の99.80円に自動更新されます。
  • さらに上昇が続き、マーケットレートが101.00―101.02円まで上昇しました。
    →この間、ストップレートは10回変更されたことになります。現在のお客様のストップレートは、売値(買いポジションに対する清算価格)101.00円から30ポイントの下の100.70円となりました。
  • 米国の失業率が上昇したことを受けてドル/円が急落し、100.70 - 100.72円の水準まで下落しました。
    →マーケットレートが100.70円に達したため、ストップ注文が執行され清算されました。しかし、ポジション保有時の約定価格100.00円より70ポイント上となり、結果的には利益を得ることができました。
トレーリングストップ

B:保有ポジションに付加する

保有ポジションに対し、以下の3つの水準を設定します:

  1. ストップレート:ストップ注文の設定価格
  2. ストップの値幅:マーケットレートとストップレートとの乖離幅(ポイント数) 
  3. ステップ値:ストップ注文値段を変動させる値幅(ポイント数)

例:ドル/円の買いポジションを100.00円で保有しており、そこに以下のようなトレーリングストップを付加する場合
(現在のマーケットレートは100.15円と想定)

  1. ストップレート:99.60円に設定
  2. ストップの値幅:60ポイント(0.60円)に設定
  3. ステップ値:10ポイント(0.10円)に設定
  • ドル/円が上昇し、マーケットレート(現在値)がストップレート99.60円に対して、60ポイント(値幅)離れた100.20円に達しました。
    →この状態ではストップレートは変更されません。設定したステップ値10ポイント(3)が上昇して100.30円(99.60+0.60+0.10)に達したところで初めてストップレートが99.70円に自動更新されます。
  • ドル/円の上昇は続き、101.00 - 101.02円まで上昇しました。
    →この間、ストップレートは8回変更されたことになります。現在のお客様のストップレートは、売値(買いポジションに対する清算価格)101.00円から60ポイントの下の100.40円となりました。
  • 米国の失業率が上昇したことを受けてドル/円が急落し、100.40 - 100.42円の水準まで下落しました。
    →ストップレートの100.40円に達しましたので、ストップ注文が執行され清算されました。しかし、ポジション保有時の約定価格100.00円より40ポイント上となり、結果的には利益を得ることができました。

A、Bどちらの場合も、もし通常のストップ注文を付加していたらポジションは未だに保有されたままで、さらに下落が続けば未実現(未確定)利益は減少し、最初に設定したストップレートに達するまで清算されません(損失の発生)。
例のようにトレーリングストップを付加すれば、最初に設定したストップレートよりも必ずプラス局面で清算されることになります(※)。
※トレーリングストップを付加した際の最大損失額は、最初に設定したストップレートで清算される場合で、通常のストップ注文時と変わりません(スリッページが起こらないことを想定)。
しかし、図が示すように、ストップレートが自動更新されていくことにより、損失額が縮小していくと同時に、ストップレートが約定価格を越えて更新された時点で利益が確定となります。

トレーリングストップ利用可能銘柄

トレーリングストップがご利用いただける取引銘柄には、FX取引、株価指数CFD取引、商品CFD取引などがあります。
なお、「チケット」を立ち上げても「トレーリングストップ」のチェックボックスが表示されない場合は、トレーリングストップ適用外の銘柄となりますのでご了承ください。

また、トレーリングストップは、指定したストップレートでの清算を保障するものではありません。そのため、レートが大きく急落した場合はスリッページが発生する可能性がありますのでご注意ください。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email: sales.jp@ig.com