ブレグジット(英国のEU離脱)

ブレグジットは近年の英国の歴史の中でも最大の経済的および政治的変化をもたらす可能性があります。ブレグジットが市場にとってどのような意味を持つかを見ていきましょう。

正式なEU離脱時期

英国は2019年3月29日に欧州連合(EU)を正式に離脱する予定です。双方による最終的な承認後、21カ月間の移行期間が始まります。

この期間中、英国はブレグジット後の準備を整えながら、ルールの適用または策定方法に関する正式な発言権を持たず、引き続き一定のEU条約を遵守することになります。この移行期間は2020年12月31に終了し、その時点で最終合意が発効します。

BREXITに英ポンドの取引チャンスあり

  • 為替市場の取引チャンスをつかもう

    英ポンド対主要通貨だけでなく、英ポンド対新興国通貨やマイナー通貨ペアのラインナップも充実しています。

  • 英国No.1 FXプロバイダー*

    スピーディーかつ高い信頼性を誇る先進のFX取引ができます。

  • 安心のリスク管理

    IG証券独自のノースリッページ注文を利用することで安心のリスク管理ができます。

ブレグジットが投資家に与える影響

英国政府はEUを離脱する前に新たな経済合意の交渉を試みているため、ブレグジットは既に金融市場と投資家に強力な影響を与えています。準備期間に市場がどのような影響を受けるかは主に、投資家が交渉の進捗状況をどのようにとらえるかによって決まります(「注視すべき市場」を参照)。これは、英国が「ハード」または「ソフト」のいずれの条件で離脱するかによって、長期的な影響を及ぼす可能性があります。

ハードブレグジット

離脱派の多くが支持するハードブレグジットとは、単一市場を離脱して、国境や立法問題で主権を取り戻すことを意味します。しかし極端な場合、英国は世界貿易機関(WTO)の規則と関税の下での貿易に関する合意なしに離脱せざるを得ない状況に陥る可能性があります。

推進派は、他国と新たな貿易協定を締結できる経済的利点は、欧州との貿易の減少によるマイナスの影響を上回ると主張しています。  しかしながら、これらの新たな貿易協定は交渉に数年を要する可能性があり、他国との正式な交渉は移行期間が開始するまで着手できません。そのため、「ノー・ディール(協定なし)」シナリオが起きた場合には、英国経済は短期的に減速する可能性があります。これはポンド、債券、株式に影響を及ぼす可能性があります。ハードブレグジットにおける取引方法を検討してみましょう。

ソフトブレグジット

残留派の多くが支持するソフトブレグジットは、英国が欧州連合と緊密な関係を維持することを目指すものです。これには、欧州経済領域(EEA)に加入して単一市場のメンバーに残る(ノルウェー、リヒテンシュタイン、アイスランドのように)道や、自由貿易協定の交渉を行う(スイスのように)道など、様々な選択肢があります。

ただし、英国がEUとの自由貿易を実現するには、同政府が排除した人々の自由な移動と一定のEU規則を受け入れる必要があるでしょう。こうした理由から、英国は規制上の負担を負わずに、EU市場への優先的なアクセスを維持する代替的な自由貿易モデルを目標とすることが予想されます。これが成功すれば、英国の経済的確実性を向上させ、株式とポンドの需要を押し上げる可能性があります。

注視すべき市場

ブレグジットが英国と欧州の経済に与える影響は広範に及ぶでしょう。離脱日が近づくにつれ、市場は離脱交渉のにおける影響を強く受ける可能性が高まるでしょう。影響を受けると予想される市場は以下の通りです。

外国為替
国民投票の結果が判明した後にポンドはユーロに対して下落しました。2016年10月の初旬以降は、大幅な価格変動が見られるようになっています。これは、ブレグジット関連のニュースによりポンドの信頼性が大きく揺らいだためと考えられます。イングランド銀行は信頼の回復に努めており、同行の発表は市場に大きな影響を与える可能性がありますが、引き続きユーロ/英ポンド英ポンド/米ドルなどの主な通貨ペアの動向を注視する必要があるでしょう。

株価指数
2017年中は、ポンドの弱含みの運用実績と英国経済の向上のおかげで、FTSE 100およびFTSE 250の両指数が上昇しました。しかし、2018年の第1四半期には、グローバルな株式市場の急落とブレグジットの圧力の増大の結果、両指数が大幅に変動しました。移行期間後の欧州との貿易関係は、多くの企業の将来における収益にとって極めて重要であるため、株価指数は最終的な合意の条件によって大きな影響を受ける可能性があります。

ライブプライス

マーケット Bid Offer Updated Change
英国FTSE100種株価指数先物
liveprices.javascriptrequired
-
-
-
GBP/USD
-
-
-
-
GBP/EUR
-
-
-
-
GBP/JPY
-
-
-
-

※上記リアルタイムレートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。

株式
株式に対する影響は様々ものがあります。ポンド安の進行により利益を得て経済的見通しを改善させた企業もあれば、苦慮している企業もあります。その中で、ゴールドマンサックス、HSBC、およびUBSが業務をロンドンから移転する意向を示しているというニュースは、ブレグジットに影響を受ける企業の今後の動向を示唆している可能性があります。多くの上場企業が同様の決定を下した場合、投資家のその決定への対応に注目が集まるでしょう。

商品
安全資産として知られる金ですが、その期待を裏切らず、国民投票後にその価格は1,300ドルを突破しました。しかし、この傾向は長くは続きませんでした。金の価格は2016年12月に米連邦準備制度理事会の利上げ発表後、その10カ月間の最低レベルにまで落ち込みました。これにより、ブレグジットよりも米国の政策が金相場へ与える影響が大きいとも言えます。しかし米国の政策次第で、ブレグジットが金相場へ果たす影響が変わる可能性もあります。

ブレグジット:これまでに起きたこと

2016年6月23日に、3,000万人以上の国民がEU離脱に投票し、51.9%対48.1%で、離脱派が勝利しました。その差は130万票でした。

投票では地域によって大きな違いが生じました。ロンドン、スコットランドおよび北アイルランドは残留(53.4%)、イングランドとウェールズは離脱(52.5%)が優勢という結果になりました。その国民投票の結果、深く分裂された英国の姿があらわになりました。結果、その後数カ月間続く交渉などに大きな影響を与えました。

またその結果は政府を驚かせました。デビッド・キャメロンは首相官邸から去り、保守党党首選挙で選出されたテリーザ・メイが後継者となりました。メイ首相は、「ブレグジットはブレグジット」という有名な発言によって、英国はEUを離脱することを確認しました。

第50条の発動

計画期間後の2017年1月に、メイ首相はEU離脱に関する英国の交渉目標を発表しました。その要旨は以下の通りです。「英国の主権、北アイルランドとアイルランド間のハードボーダー(厳格な国境管理)の欠如、入国管理、在EU英国国民と在英EU市民の将来の権利、欧州との自由貿易、および他国との貿易協定。」

第50条は最終的に2017年3月29日に発動され、正式にブレグジットに向けた2年間のカウントダウンが始まりました。その後、交渉が開始する2017年6月まで、EUと英国の交渉担当者による計画期間が設けられました。その間にテリーザ・メイは、トーリー(保守党)が圧倒的過半数の議席を獲得(政府のEU首脳との交渉力の強化)を狙い、解散総選挙を呼びかけました。

しかしその計画は見事に裏目に出て、保守党は過半数を失い、民主統一党(DUP)と連立を組むことを余儀なくされました。一部の人は、これは政府の交渉力を弱体化させ、英国はソフトブレグジット(最終取り決めに関する議会の承認が要求される)を模索せざるを得なくなると主張しています。

ブレグジットに関する交渉

交渉は2017年6月19日に正式に開始し、英国はEUの交渉責任者であるミシェル・バルニエが提示する段階的な交渉期限を受け入れることになります。2017年12月にフェーズ1が完了し、原則として以下の条件について合意がなされました。

  • 清算金。英国は既存の義務を補償するためにEUに約350~390億ポンドの「離脱に伴う清算金」を支払います。
  • アイルランドの国境。北アイルランドとアイルランド間のハードボーダーを設けることはなくなりますが、これをどのように実現するかは最終取り決めの条件によって決まります。
  • 市民権。ブレグジット前の在英EU市民と在EU英国国民はEU法に基づき付与されている多くの権利を保持します。

フェーズ2は現在進行中で、将来の貿易関係を含む英国とEU間の将来の関係に重点が置かれています。このフェーズは、離脱日の前に英国議会および欧州理事会と欧州議会が批准する最終的な離脱協定の条件のために時間の余裕を見て、2018年10月まで継続する予定です。この交渉フェーズの一環として、21カ月間の移行期間が暫定的に合意されました。これは離脱日直後に開始する予定です。

この移行期間中は、英国は財、サービス、人、資本の自由な移動を含め、EUの大半の規則と規制に従わなくてはなりませんが、それらの適用または策定に関する正式な発言権がないため、この移行期間はハードブレグジット支持者の間で論争の的になりました。

他方でその支持者は、この移行期間は企業と市民にある程度の継続性を与えると同時に、英国とEU間の将来の関係に関する詳細について議論し、合意する時間を与えると主張しています。また英国は新たな貿易協定について自由に交渉することができ、これらは移行期間の終了後に発効します。

主なブレグジットに関する交渉

EUは3つの主要機関、すなわち欧州委員会、欧州理事会、欧州議会の代表者をブレグジットの交渉者に指名しました。主要交渉責任者は以下のとおりです。

氏名 役職
ミシェル・バルニエ 欧州委員会の交渉責任者
ディディエ・セーウス 欧州理事会の英国のEU離脱に関する特別タスクフォース委員長
ヒー・フェルホフスタット 欧州議会の交渉責任者

 

英国は欧州連合離脱省、内閣府および政府官庁からブレグジットの交渉者を指名しました。主要交渉責任者は以下の通りです。

 

氏名 役職
ドミニク・ラーブ EU離脱相
オリバー・ロビンズ 首相の欧州担当顧問
サー・ティム・バロウ 英国駐EU大使

ネットで簡単に申し込みできます!

IG証券の口座開設は、4ステップで完了する簡単なお手続きです。
まずは、お手元に運転免許証などの本人確認書類をご用意ください。

こちらのコンテンツもお勧めです

  • IG証券のマーケットデータ

    外国為替、個別株式、株価指数、債券先物、商品をカバーするグローバル市場10,000銘柄以上のマーケットデータを無料で提供。プライスデータ、チャー ト、企業財務データ、市場センチメント、アナリストレーティング、ニュースなど日々の分析に欠かせない必須データが満載です。

  • 経済カレンダー

    その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。

  • IG TV

    IG証券の提供する最新のマーケットニュース、金融商品、投資手法やリスク管理に関する学習ビデオなど日々のトレーディングを強力にサポートする多様な動画コンテンツを提供しています。

*IGをメイン口座として利用しているトレーダー数。インベストメント・トレンドUK調べ2016年10月時点

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:
0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
Email:sales.jp@ig.com