外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

FX

その他の記事: ニュース&分析レポート 取引戦略レポート
出所:ブルームバーグ

ドル円、ユーロドル、ポンドドル それぞれの焦点とチャートポイント

パウエルFRB議長は米国経済の力強さとインフレリスクについて言及。日米の金融政策スタンスの差が意識されドル円は1998年9月以来の137円台へ。対欧州通貨でも高まる米ドル高の圧力。ドル円、ユーロドルそしてポンドドルの焦点とチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-06-30T03:04:49+0100

出所:ブルームバーグ

米国のインフレ期待と実質金利 / ドル円とユーロドルのチャートポイント

米国のインフレ期待が低下していることで実質金利は上昇ムードにある。実質金利の動きは短期に米ドル相場のサポート要因となろう。ドル円は再び136円台へ上昇。ユーロドルは1.06レベルがレジスタンスの水準として鮮明になってきた。目先の注目材料とチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-06-29T01:57:37+0100

出所:ブルームバーグ

ドル円とユーロ円のテクニカル分析

ドル円は134円台で底固めのムード。しかし不意に下落幅が拡大する可能性があるため要注意。ドル円の底堅さにサポートされ反発基調にあるユーロ円。目先のチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-06-28T03:07:38+0100

出所:ブルームバーグ

経済指標の内容と米債利回りの反応 / ドル円とユーロドルのチャートポイントについて

今週の外為市場はアメリカの経済指標と債券市場の反応が焦点に。ドル円は米債利回りの動向次第で上下に振れる展開が続こう。ユーロドルはECBフォーラムでのラガルド総裁の言動に注目。それぞれのチャートポイントは?詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-06-27T02:38:23+0100

出所:ブルームバーグ

米債市場と国際商品市場は景気後退を意識する動き / ドル円とユーロ円の焦点およびチャートポイント

米債市場と国際商品市場は景気の後退リスクが意識されトレンド転換の兆しが見られる。この動きは外為市場、特に円相場のトレンドに影響を与えるだろう。ドル円は新たなサポートポイントを探る局面へシフト。ユーロ円は2つのチャートパターン形成が焦点に。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

2022-06-24T01:39:21+0100