株(株式)とその仕組み

なぜ企業は株を発行するのか、株の仕組みや株の基礎知識、そして株投資や株購入のメリットとリスクを学びましょう。ここでは株式投資と取引(トレード)の違いとはなにか、またIG証券での株式投資の方法について解説します。

株(株式)とは?

株(株式)とは投資家に販売できる企業所有権の単位です。

企業の総合価値は各単位に平等に分配されます。この単位を株と呼びます。つまり、2億ドルの価値がある企業が1億株発行した場合、各株は2ドルの価値を持つということになります。

企業価値が変動すると、株価も変動します。そのため、企業株を購入する投資家は、株がさらに高値で売れるように企業価値が上がることを期待します。

株式CFD取引は、この変動に対して投資します。

株式取引の仕組み

株式取引の仕組みについて説明します。 まず一般的な株式の取引では、将来株価が上がることを期待して企業が発行する株式を実際に保有します。買った時よりも売った時の価格が高ければ、その分の差額が利益となります。反対に、買った時の価格よりも低い価格で売る場合は、その差額が損失となります。

もう一つの方法は、CFDで株式を取引する方法です。CFDでは実際に株式そのものは保有しません。そのため、買いだけではなく売りからもスタートすることができるのです。

どちらの方法も、証券会社を介して取引を行うことが一般的です。

株式 価格が上がることを期待して買う
株式CFD 買いからも売りからも取引できる

会社が株式を発行する理由


企業が株式を発行する理由は、資金調達を行うためです。株式を発行することによって得た資金を、新規事業の開発や設備投資などの企業活動に使います。利益の一部は配当金として株主に還元され、また上場株式であれば、企業の株価が上がった場合には投資家(株主)の資産が増えることになります。

さらに、新株の発行は、特にゼロから起業する事業主にとって利益を得る方法のひとつになります。代わりに、株主に対して報告義務が発生するため、独断で経営を行えない体制となります。

株価の決まり方

株価はどのように決まるのでしょうか。株価、つまり株式の価格には定価というものがなく、需要と供給のバランスにより決まります。その銘柄の株を「買いたい」という人が「売りたい」という人よりも多ければ価格が上がり、反対に「売りたい」という人が「買いたい」という人よりも多ければ価格は下がります。

株取引や株式投資のメリット

株取引や株式投資にはどのようなメリットがあるのでしょうか。一般的に、長期間にわたって株式を保有したいと考えている場合は株式投資、短期間で売買を行って利益を得たい場合は株取引(トレード)を行います。

株式を購入するメリット

株式を購入するメリットには、主に配当金が受け取れること、値上がり益が期待できることがあります。また、日本株の場合は株主優待を受けることができるメリットもあります。

1.配当金

配当金は、株主に分配される企業利益の割当てです。企業が利益を得たとき、経営者は利益を事業に投資をするか、株主に配当金として還元するか選択します。成熟企業の多くは、利益の一部を再投資にあて、残りを配当金や株式分割により還元することでバランスを取っています。

配当金はインカムゲインとも呼ばれています。株価の変動が小さい時には、売却して得られる利益(キャピタルゲイン)に代わる重要な収入源になります。「高成長」とされる企業は通常、事業拡大により成長を維持するために利益を再投資することから、配当金を提供することはありません。この場合、株主は株価の上昇を予想して利益を得ることになります。

2.値上がり益(売買益)

売却時の株価が、購入時点よりも高かった場合の差額による利益を値上がり益といいます。売却益、キャピタルゲインとも呼ばれます。反対に、売却する時点で株価が購入した時よりも下がってしまった場合、その差額分が損失となってしまいます。

3.株主優待

企業が株主に対して、自社の商品やサービスなどを提供する制度のことです。株をどれくらい保有しているのかによって優待の内容が異なることが多く、条件はそれぞれの企業が決定しています。優待の内容は、食品メーカーが自社の人気商品を用意したり、ホテル運営会社が自社の宿泊券を用意したりと各社さまざまです。

株式を取引するメリット

CFDで株式を取引するメリットは、「買い」からだけではなく、「売り」からも始めることができる点です。つまり、株価の上昇局面だけでなく、下落局面でもチャンスを狙えるのです。これは、株式CFD取引では原資産を所有する必要がないためです。

また、CFDなどのレバレッジをかけた金融商品を使って株式を取引する場合、初めに必要な資金が少なくて済むという点もメリットの一つです。一般的な株式投資では株価×株数の資金を用意することが必要ですが(手数料を除いて考えた場合)、株式CFDでは初めに必要な金額はその20%です。レバレッジには大きなメリットがありますが、同時にリスクも伴います。

CFD取引では、少ない証拠金で大きな額の取引を行うことができます

株の購入や取引のリスクとは?

株式購入におけるリスク

株を買う際の主なリスクは、会社が経営難に陥って倒産したり、株価がゼロになったりすることです。このような事態に陥った場合、初期投資額を失うことになります。投資では常にこれが最も大きな損失となります。例えば、10万円を投資して株価が0円に下落した場合、失う可能性があるのは最大で10万円です。

短期的な株価下落のリスクは、ヘッジ戦略によって相殺することができます。また、ETFに投資をすれば下落のリスクを分散することもできます。

株式取引におけるリスク

株式取引のリスクは、レバレッジによって大きく異なります。信用取引では、利益と損失の両方が、初期投資額ではなく、ポジションの全額で計算されます。つまり、利益が拡大する可能性がある一方で、損失も拡大する可能性があるということです。

しかし、トレーダーが取引のリスクを管理するために使用できるツールがあります。例えば、損失を限定するための価格をあらかじめ設定することができる『逆指値注文』というツールがあります。また、トレーダーが利益を確定するための価格をあらかじめ設定できる『指値注文』というツールもあります。

株式投資の始め方と株取引のやり方

IG証券では、CFDで株式を取引することができます。株式取引を始める前に、株取引のメリットと、それに伴うリスクの両方を理解することが重要です。

CFDの仕組みを理解したら、IGのライブ口座を開設して株式取引を始めましょう。またはデモ口座を開設し、仮想資金を使って株式取引の練習をすることもできます。

IGアカデミーでトレードスキルを向上させましょう

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、グローバル金融市場での45年以上の経験を持つリーディングカンパニーIGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券では、70銘柄以上の主要な米国株式の取引時間を延長

シンプル&パワフル。株式選定の便利なツール。12,000銘柄以上の国内外株式をカバー。時価総額やEPS、ROIなど6種類の財務分析指標や「国」、「セクター」など条件設定によりお好みの銘柄を瞬時に抽出できます。

株式市場の仕組みや取引の始め方を詳しく解説