株価指数に投資する方法

株価指数とは、取引所全体、または株式のグループにおける平均株価を算出したものです。株価指数の取引方法や、どのような市場が利用できるかなど、株価指数について知っておくべきことをご紹介します。

IG証券で株価指数を取引してみませんか?

新規口座開設に関するお問い合わせはこちらのフリーダイヤル0120-965-915(受付時間: 平日9:00~18:00) もしくは sales.jp@ig.comへお申し付けください

お問い合わせ:0120-965-915

新規口座開設に関するお問い合わせはこちらのフリーダイヤル0120-965-915(受付時間: 平日9:00~18:00) もしくは sales.jp@ig.comへお申し付けください

お問い合わせ:0120-965-915

株価指数とは?

株価指数は、ある市場もしくは業種における特定銘柄の平均株価を算出したものです。 株価指数は、産業、業種、経済といった数々の要因が考慮された「バスケット」のようなものです。さまざまな株の動きによって、株価指数のトレンドが左右されます。 投資家は、株価指数をベンチマークとして用いることで、投資信託や個別株のパフォーマンスを測ることができます。 日本における日経平均株価指数のような主要株価指数は、産業や業種、そして国全体の株式市場変動を評価するのに使われています。

IG証券では、CFDで株価指数を取引することができます。CFD取引では原資産を所有することなく、指数の価格の上昇や下落を推測することで取引を開始します。株価指数は流動性の高い市場であり、他のほとんどの市場よりも取引時間が長いのが特徴です。IG証券の口座を開設して、さっそく株価指数取引を始めましょう。

株価指数の算出方法は?

ほとんどの株式指数は、採用された企業の「時価総額」に基づいて計算されます。この方法では、時価総額の大きい企業により大きなウエイトが与えられ、その分、株価指数の動きに大きな影響を与えます。

ただし、ダウ・ジョーンズ工業株平均(DJIA)を含む一部の指数は「株価の平均値」であるため、株価の高い企業ほど株価指数の価格に大きな影響を与えるという特徴があります。

主要な株価指数

※()内はIG証券CFD銘柄名

  1. 日経平均株価 (日本225種株価指数先物 ) – 東証1部に上場する銘柄の中から選定された225銘柄の株価を使って算出する株価平均型の指数
  2. 東証株価指数 (東京一部) – 東証市場第一部に上場する国内株式全銘柄を対象とする株価指数
  3. S&P500 (米国500) – ニューヨーク証券取引所、NASDAQなどに上場している銘柄から、代表的な500銘柄で構成
  4. ダウ平均 (ウォール街株価指数) – ダウ・ジョーンズ社が発表する平均株価指数。厳選された30銘柄から構成
  5. 英国FTSE100 (FTSE100) – ロンドン証券取引所(LSE)に上場する時価総額上位100銘柄で構成
  6. ドイツ株価指数 (ドイツ30) – フランクフルト証券取引所に上場している大企業30社の時価総額を加重平均した株式指数。DAX指数。

株価指数の変動要因とは?

株価指数は、あらゆる要因によって変化します。代表的なものは次の5つです。

  • 経済関連のニュース – 政治や経済の動向により指数の価格が動く原因となることがあります。
  • 企業の決算情報– 企業の利益や損失によって株価が上下する可能性があります。
  • 企業の広報、発表 – 社長の交代や、合併の可能性などの発表があると、株価に影響を及ぼすことがあります。その企業が株価指数の銘柄に採用されていれば、これに影響を受けて株価指数も動く可能性があります。
  • 構成銘柄の変更 – 株価指数を構成する銘柄が追加されたり、または反対に除外されたりといった変更があると、トレーダーがポジションを調整するため、価格が動くことがあります。
  • コモディティ(商品)価格の変化 – さまざまなコモディティ銘柄が株価指数に影響を与えています。例えば、 英国FTSE100 の15%はコモディティ関連銘柄なので、コモディティの動きが英国FTSE100の価格にも影響を与えます。

株価の変動要因についてさらに詳しく

「売り」からも「買い」からもスタートできる

株価指数のCFDで取引では、「買い」だけでなく「売り」からスタートすることも可能です。価格が上がると予想すれば「買い」ポジションを建て、反対に下落するだろうと予想する際には「売り」ポジションを建てます。

利益を得るか損失となるかは、あなたの予測の精度と市場の動きの全体的な大きさによって決まります。

レバレッジ取引ができる

CFD取引はレバレッジ商品です。レバレッジを使用すると、比較的少額の初回支払金(証拠金)で取引を行うことができます。

レバレッジ取引を行う場合の利益と損失は、ポジションを開設するために使用した最初の証拠金だけでなく、ポジション全体の金額から計算されることを覚えておく必要があります。

保有ポジションのリスクヘッジができる

株式を複数銘柄保有している投資家は、ポートフォリオを損失から守るために株価指数を売り取引することがあります。株式市場が下降局面に入り、所有している株式の価値が下がってしまった場合、株価指数のショートポジションの価値が上昇することを利用して株式の損失を相殺することができます。しかし、株式が値上がりした場合には、ヘッジ目的で建てたショートポジションで損失が発生します。このため株式の値上がり分を株価指数の損失が相殺してしまいます。

また、ある株価指数に採用されている株式を売り取引(ショート)する際に、株価指数の買い(ロング)ポジションを同時に保有することで、株式が上昇した時に発生する損失をヘッジすることができます。株価指数の上昇幅が拡大し株式の下落が限定的となる場合は、株式の損失をカバーすることができます。

株価指数の取引方法について調べる

株価指数とはなにか、どのようなときに価格が変動するのかなど、株価指数の特徴について理解しましょう。また、株価指数の取引方法についても調べておきましょう。

株価指数についての解説ページや、無料で使えるオンラインコース「IGアカデミー」もご活用ください。

株価指数のCFD取引(差金決済取引)では、資産を所有することなく、資産の価格が上昇または下降するかを予測して取引を行います。

期限なし、期限ありのどちらで取引するかを選ぶ

IG証券では、株価指数CFDを「期限なし」、「期限あり」の2通りから選んで取引することができます。

期限なし

「期限なし」取引は、「期限あり」のものよりもスプレッドが狭いため、デイトレーダーのような短期的な取引を行うトレーダーに好まれています。期限なしの株価指数は、原市場のスポット価格で取引されます。

取引日の終わりに株価指数のポジションを決済し、翌朝に新しいポジションをオープンすることで、ファンディングコストの支払いを避けることができます。

期限あり(先物)

「期限あり」の取引では、ファンディングコストがすでに含まれているため、「期限なし」と比べてスプレッドが広くなります。しかしファンディングコストは発生しないため、日をまたいでポジションを保有するトレーダーは「期限あり」を好む傾向があります。期限ありの取引では先物価格、つまり将来の受け渡しに備えて、先物取引業者が現在合意している価格で取引されます。

長期的に株価指数のポジションを保有しようと考えている場合は、「期限あり」で取引をすると良いでしょう。

ETF取引、株式取引

株価指数のCFD取引のほか、IG証券では同じ取引プラットフォームで株価指数のETFや個別株をCFDで取引することもできます。

口座を開設してログイン

株価指数取引を今すぐ始めるには、IG証券で口座を開設してください。IGグループは45年以上の歴史があり、イギリスの株価指数の一つであるFTSE250の構成銘柄にも採用されている企業です。

どの株価指数を取引するかを選ぶ

株価指数と一口に言っても、銘柄によって動きはさまざまです。リスクをどの程度受け入れられるか、利用可能な予算はどのくらいか、取引の期間はどのくらいか、そしてご自身の取引スタイルを総合的に考えて最も適した銘柄を選択しましょう。

例えばドイツ30は、一般的に変動幅が拡大しやすい指数です。このため短期的な取引を好むトレーダーに選ばれる傾向があります。一方、S&P500は長期的に安定したリターンがあることで知られています。よって、長期的な取引スタンスのトレーダーによく選ばれています。

IG証券では、世界の主要な銘柄からマイナーな銘柄まで、約40の株価指数銘柄を提供しています。ご自身の取引スタイルに合った市場を見つけてみませんか。

買い取引(ロング)か売り取引(ショート)かを選ぶ

買い(ロング)ポジションを取るということは、株価指数の上昇を予測する取引です。反対に売り(ショート)ポジションを取るということは、株価指数が下落すると予測する取引です。

好調な経済を意識して株価指数が上昇すると予想しロングポジションを建てるとします。思惑通り株価指数が上昇する場合は、利益を得ることができます。

時価総額加重型の株価指数は大企業のパフォーマンスの影響を受けます。こういった企業のパフォーマンスが低いケースでは株価指数の下落を予想してショートを選択するのがよいでしょう。

決済の指値・逆指値を設定する

指値逆指値は、株価指数取引のリスク管理に欠かせないツールです。指値注文は、指定した価格よりも有利な水準になると自動的にポジションを決済します。一方、逆指値注文は、指定した価格の水準になると自動的に成行にてポジションを決済します。

ポジションを建て、価格の動きをチェックする

株価指数の取引を始める準備ができたら、いよいよ取引を開始しましょう。まず、IG証券の取引プラットフォームで取引したい市場(例えば日経平均、ダウ平均など)を選択します。

次に、期限なしで取引するか期限ありで取引するかを決定します。そして、価格が上昇すると予想する場合は買い、価格が下落すると予想する場合は売りを選択します。ポジションサイズ(取引ロット数)を入力し、「注文確定」ボタンをクリックして取引を開始します。

ポジションを建てたら動きをモニタリングし、利益を確定したいときやロスカットをしたいときに決済します。

  • ノックアウトオプションの場合
  • バイナリーオプションの場合

株価指数は、ノックアウト・オプションでも取引が可能です。ノックアウト・オプションでは、リスク許容度に応じてオプション料を選択することで、事前に最大損失額を確定させることができます。また、少ない資金で利益獲得を狙えるのが特徴です。

株価指数は、バイナリーオプションで取引することも可能です。バイナリーオプションとは、一定時間後にマーケットが条件を満たすかどうかを二者択一で予測して行う取引です。

よくある質問

株価指数の取引は、株価指数のポジションを取ることを意味します。株価指数とは、複数の企業のパフォーマンスの尺度です。

指数の値動きを正確に予測することで、利益を得ることができます。例えば、日経平均株価が上昇すると考えれば、ロングポジションを建てることになります。反対に、下落すると考えれば、ショートポジションを開きます。利益となるか損失となるかは、あなたの予測がどの程度正しいかによって決まります。

株価指数の買い取引とは、価格が上昇することを期待して、株価指数のロングポジションを開くことを意味します。予測通りに価格が上昇すれば、利益を獲得できます。反対に予測が外れれば損失となってしまいます。

指数先物はデリバティブ(金融派生商品)です。その価格は、基礎となる市場の価格に基づいており、需給やボラティリティの影響を受けます。CFDを使って株価指数を取引することができます。

既存のポジションが損失を出し始めた場合に、利益に変わるポジションを取ることでリスクをヘッジすることができます。例えば、米国のハイテク株のロングポジションを保有している場合、US Tech 100 のショートポジションを建てることで、株価の下落により発生する可能性のある損失を相殺することができます。

期限到達前に、「期限あり」株価指数のポジションを売却することが可能です。これを行うには、今保有しているポジションを売却するか、または現在保有しているポジションと反対のポジションを新たに建てることで、相殺することができます。

IGアカデミーで投資・金融知識を学ぼう!

無料で使えるIG証券のオンラインコース「IGアカデミー」で、基礎から上級まで役立つ知識を手に入れましょう。

こちらのコンテンツもお勧めです

VIX指数とは? VIX指数を取引するには? こちらで紹介しています。

IGは銘柄数が自慢! 国内・海外12,000以上の株式銘柄をCFDで取引可能です。

株式取引を始めるにあたって、ここで紹介するステップを参考にしてください。