株式投資の始め方

株式市場は初心者にとっても、経験者にとっても、チャンスに満ちています。IG証券では12,000以上の株式銘柄とETF銘柄を取引することが可能です。株式取引を始めるにあたって、ここで紹介するステップを参考にしてください。

株式のCFD取引開始までの流れは、次の3つのステップです。

1. 株を始めると決める

株式CFDの取引を始めることを決めたら、情報収集を始めます。

2. 株式の銘柄を選ぶ

IG証券を利用すると、世界12,000以上の銘柄をCFDで取引可能です。

3. IG証券の口座を開設する

口座開設のお申し込みはオンラインで簡単3分!

株式市場の仕組みを知る

株式市場の仕組みはオークション方式と同じです。買い手と売り手がそれぞれ許容できる範囲で原資産の価格交渉を行います。株取引がオークション方式で行われる場所が株式市場です。

ほとんどの株取引は、ニューヨーク証券取引所やロンドン証券取引所などの証券取引所で行われます。取引所とは、参加者間の株式の売買を円滑に行えるようにするための機関です。取引所で直接取引を行うには登録が必要です。このためほとんどの人は株式ブローカー(証券会社)を通じて取引することになります。

現在では、個人投資家の取引の大半はオンラインで行われ、プラットフォーム上でブローカーやプロバイダーとやり取りをします。

株式市場を動かす要因とは?

他の金融市場と同様、株価を動かす最大の要因は需要と供給です。

株式の買いが売りを上回った場合、その株式を求める数が多い(「需要」が「供給」を上回っている)ため、必然的に株価は上昇します。逆に、供給が需要を上回っている場合、株価は下落します。

需要と供給の割合は多くの要因の影響を受けて変化しますが、主なものには次の4つが挙げられます。

  • 決算報告書 ほとんどの証券取引所は、登録企業に対し、四半期ごとの財務状況の詳細な報告と、年度ごとに通年の報告を求めています。報告書の内容は企業の株価に大きな影響力を持っており、トレーダーや投資家はファンダメンタルズ分析の核を成す情報の詳細を深く読み取ります。 ファンダメンタルズ分析は企業の公正価格を作り出す全ての内的、外的要因を評価して行い、その価値を現在の市場価格と比較します。もし株式が割安ならそれを購入のチャンスと捉えることができるでしょう。もし割高なら売却のチャンスなのかもしれません。
  • 外的要因 ファンダメンタルズ分析は、企業の決算書やニュースの分析をするだけではありません。株式の価値を評価するための包括的なアプローチが必要です。財務的な健全性に影響を与えうる企業活動以外のあらゆる要因も勘案する必要があります。 例えば、企業活動を行う上で景気動向は将来の成長に影響を与えます。経済の拡大は通常、ビジネスの追い風になります。ですから、GDP、PMI、小売売上高など、堅調な影響力のあるマクロ経済指標は、株式投資を増加させ株価の上昇を招きます。
  • 金利の動向 金利もまた大きな役割を果たします。仮に金利が高い場合、大きなリスクを取らなくても投資家は適正な利益を得ることができ、株式市場は停滞します。ですから、中央銀行が金利を上げそうな時には株式需要は減少します。
  • センチメント 株価の変動は必ずしもファンダメンタルズ分析に紐づくわけではありません。実際のデータを伴わなくても、特定の株式に対するトレーダーや投資家の見方が需要の変化の原因になることもあります。 例えば、著名な中型株の投資家がある企業の株を業績や外的要因と全く関係ない理由で売ることにしたとします。すると、他のトレーダーは驚いて同じ行動を取る場合があります。 この株価が下落傾向にあり、その投資家が自分の知らない情報を知っているのかもしれない、と考えるからです。 自動取引やテクニカル分析の隆盛で、センチメントは株価の動きを決める上でさらに有力な要因になります。アルゴリズムあるいはトレーダーがトレンドの起点を見つけて売買を行うため、その動きを後押しするのです。

株式の購入と株式CFD取引の違いについて学ぶ

株式市場に足を踏み入れようとするときにまずやるべきことは、ポートフォリオの一部として長期的に株に投資するのか、あるいはレバレッジ取引で短期的な価格の動きを元に投機するのかを決めることです。レバレッジによる短期的なチャンスを捉えつつ資産拡大を目指すといった、両者を組み合わせたアプローチもあります。

投資

投資家は、将来株価が上昇することを期待して株式に投資をします。株式投資は一般的に、株式を低い価格で買って高い価格で売ることを目指して行われます。投資家は株価の変化だけでなく、配当金の支払いからも利益を得ることを期待します。投資ではトレードと異なり、長期間にわたって株式を保有し、株価の変化を長い目で見て利益を獲得しようとする傾向があります。

取引(トレード)

取引(トレード)では、原資産の価格に連動する金融派生商品(デリバティブ)を扱います。CFDのようなデリバティブ取引においては、トレーダーは原資産である株式そのものを保有する必要がないという点が大きな特徴です。そのため、トレーダーは株主権を持たず、配当金を受け取ったり株主総会で発言をしたりすることはできません。しかし、原資産の価格が上昇するときだけなく、下落するときにも利益を狙うことができます。トレーダーは、短期~中期的にポジションを保有し、市場の小さな動きに焦点を当てる傾向があります。

IG証券で利用できる株式の取引方法には、次の2つがあります。

  • 株式をCFDで取引 CFDによる株式取引には、通常の株式取引のように「買い」だけでなく、何も保有していない状態から「売り」を行うことができる点にメリットがあります。株価が上がると予想する際だけではなく、これから下がりそうだなと予想する際に売り取引からスタートすることができるのです。これは、CFDでは株式そのものを保有する必要がないからです。

  • ETFをCFDで取引  IG証券ではETFをCFDで取引することが可能です。ETF銘柄はたくさんの株式銘柄から構成されたものであるため、ETF銘柄を取引することで広く株式に分散投資を行うことができます。

株取引プランを立てることは、優れた戦略を立てるために大切です。

あなたが投資をする目標は何か、どのくらいの予算があるか、リスク許容度はどのくらいか。ご自身の状況に合わせて取引プランを事前に立てましょう。

取引プランを立てる目的は、感情のブレによる取引を避け、無用な損失を防ぐことです。

確固とした取引プランを立てるだけで、取引のプレッシャーから解放され、大きな助けになることがあります。

通常の、株式投資のリスクは初期投資の額に制限されています。10万円を投資した場合、失う可能性があるのは最大10万円です。また、株式の購入時と売却時には通常手数料がかかります。

一部のブローカーや証券会社が課す高額な手数料は、長期的な投資の利益を食いつぶしまうこともあるので注意が必要です。

CFD取引はレバレッジ取引です。レバレッジ取引では、通常の取引で株式を購入するのに比べて少ない初期投資の額でポジションを建てることができます。レバレッジ取引では利益が拡大する一方で、損失が拡大する可能性もある点に注意が必要です。

取引にかかわるリスクを管理するために使用できるツールがあります。例えば、自分の取引に不利な動きをした際に、ある価格に達したら保有するポジションを自動的に清算することをあらかじめ設定できる逆指値(ストップ)注文などがあります。

逆指値注文は有効なリスク管理のツールです。しかしスリッページの影響を受ける可能性があります。スリッページとは、市場のボラティリティにより、お客様が要求した価格とプロバイダーが取引を執行できる価格との間に価格の差が生じてしまうことです。しかし、「ノースリッページ注文」を利用することでスリッページから身を守ることができます。IG証券ではノースリッページ注文を利用するための手数料を前もって支払う必要はありません。一方、実際にノースリッページ注文発動された場合には、少額のプレミアムを支払う必要があります。

IG証券では、口座の残高が一定の割合を下回った際、強制的に反対売買(買いポジションなら売り、売りポジションなら買い)をする強制ロスカットを行っています。強制ロスカットには2種類の強制ロスカット基準を設けています。詳細についてはこちらをご覧ください。

また、IG証券では事前に最大損失額が確定される「ノックアウト・オプション」も利用可能です。

例えば、株価100円の銘柄を1000株購入したいと考えているとしましょう。ブローカーを通じて取引を行うには、10万円の資金(手数料やその他の手数料を無視した場合)が必要です。しかし、レバレッジをかけたCFDで株式を取引する場合は、必要な証拠金は株価に対して20%(この場合は2万円)となります。初めに必要な資金が少額であることがCFD取引の特徴の一つです。

株式CFDを取引するための口座を開設します。IG証券のオンラインプラットフォームでは、株式CFDを始め、株価指数CFD、FXなどを取引することが可能です。

オンラインフォームに必要な情報を入力

基本情報、ご自身の投資の経験などを入力して申し込みを行います

オンラインで本人確認

eKYCを使えば、本人確認がすぐ完了します。その他の方法はこちら

口座に入金して、取引開始

口座の準備ができたら、入金をして実際に取引を始めてみましょう

「株取引をしたいけれど、まだあまり自信がない」という場合は、仮想資金を使って練習のできる、無料のデモ口座を開設することをお勧めします。実際に取引プラットフォームを使って、ご自身の戦略を試したり、システムに慣れたりすることができます。十分に練習できたら、実際の取引を始めましょう。

IG証券では、取引銘柄の選定に役立つさまざまなツールを提供しています。

  • 銘柄選定にあたっては各銘柄のマーケットデータから顧客センチメント、ニュース(ライブ口座でのログインが必須)が利用可能
  • 銘柄ファインダーは、国や業種、指数によって株式を分類でき、さらにEPSや時価総額などでソートをかけることができます。
  • 銘柄分析には無料のIGチャート、自動取引も可能で100以上のテクニカル指標搭載の上級者/プロ向けProRealTimeチャート(月4,000円の利用料。4回以上取引すれば無料) など。
  • 「ニュース&分析レポート」のコーナーでは、最新のマーケット情報を随時更新しています。

銘柄を選んで取引タイミングを決めたら、あとは良いタイミングで実際に取引を行います。取引ロット数を入力、必要に応じて逆指値(ストップ)注文や指値リミット)注文、相場急変時でも指定のレートで確実に約定するノースリッページ注文も設定可能です。

IGアカデミーでトレードスキルを向上させましょう

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、グローバル金融市場での45年以上の経験を持つリーディングカンパニーIGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。

こちらのコンテンツもおすすめです

IG証券で、70銘柄以上の米国株式を時間外に取引することが可能です。

IG証券では、12,000以上の株式・ETF銘柄を取り扱っています。

日本をはじめ米国、欧州、オーストラリア、南アフリカなど世界各国の取引所に上場する株式12,000銘柄以上をCFDでお取引頂けます。