日経平均の動きに投資する方法

日経平均株価は、日本でもっとも有名な株価指数であるといえるでしょう。ここでは、日経平均株価に投資する方法について解説します。

IG証券で日経平均株価を取引しませんか?

新規口座開設に関するお問い合わせはこちらのフリーダイヤル0120-965-915(受付時間: 平日9:00~18:00) もしくは sales.jp@ig.comへお申し付けください

お問い合わせ:0120-965-915

新規口座開設に関するお問い合わせはこちらのフリーダイヤル0120-965-915(受付時間: 平日9:00~18:00) もしくは sales.jp@ig.comへお申し付けください

お問い合わせ:0120-965-915

日経平均株価とは?

日経平均株価とは、東証一部に上場する企業の中から日本経済新聞社が選定した225社の株価の平均のことです。日本のあらゆる業界を代表する企業が含まれており、日本の株式市場の動きを把握したり、今後の市場の行方をうらなったりするのにも利用されている株価指数です。

日経平均を構成する225の銘柄は市場流動性を基に選ばれ、毎年10月に定期見直し・入れ替えが行われます。

定期見直しは、「市場流動性の計測」「高流動性銘柄の採用と低流動性銘柄の除外」「セクターバランスによる採用・除外」といった観点により行われ、最終的には専門家などの意見を聞いたうえで、日本経済新聞社が決定し発表します。

また、構成銘柄が整理銘柄へ指定されたときや上場廃止になったとき、または東証二部に指定替えになったときなどには除外されます。

このほか、日本の株式市場を代表する株価指数には、東証一部に上場するすべての銘柄から構成されるTOPIX(東証株価指数)などがあります。

日経平均株価の変動に投資するには?

日経平均株価へは、CFD、ノックアウト・オプション、バイナリーオプション、ETFを利用して投資することが可能です

日経平均株価をCFDで取引する

IG証券では、「期限なし」「期限あり」の2通りの取引方法から選べます。

  • 期限なし

期限なしの取引は、期限ありの取引と比べて狭いスプレッドでお取り引きいただくことが可能です。このため短期トレーダーに人気があります。ただし、期限なしのポジションを日をまたいで保持する場合は、ファンディングコストが発生するため注意が必要です。

  • 期限あり(先物)

期限ありの取引は、先物取引となります。先物は「特定の日に特定の価格で指数を取引することに同意する」取引のことです。株価指数の先物取引では、スプレッドにファンディングコストがあらかじめ含まれています。このため、期限なしの取引と比べるとスプレッドが大きくなります。ファンディングコストが発生しないため、日をまたいで取引する場合にはこちらが選ばれることが多くあります。

日経平均をノックアウト・オプションで取引する

事前に最大損失額を確定できるノックアウト・オプションを使って日経平均株価などの株価指数を取引することが可能です。

日経平均をバイナリーオプションで取引する

日経平均株価は、バイナリーオプションでも取引が可能です。バイナリーオプションとは、一定時間後にマーケットが条件を満たすかどうかを二者択一で予測して行う取引です。

日経平均に連動したETF銘柄を取引する

ETFの日経平均関連銘柄に投資することも可能です。日経平均株価に連動したETF銘柄には、日経225連動型上場投資信託 、ブル型ETFの Next funds 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 、ベア型ETFのNext funds 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 などがあります。IG証券では、これらのETFをCFDでお取り引きいただけます。

日経平均に採用されている企業の株式を取引

IG証券では日経平均だけではなく、日経平均に採用されている株式銘柄もCFDで取引いただくことが可能です。

株価指数について調べていると、「寄与度」という言葉を見かけます。寄与度とは、日経平均の値動きに対して、その銘柄がどの程度影響しているのかを表した指標です。寄与度の高い銘柄を選ぶことで、日経平均の動きを参考にした投資を行うことができます。ただし注意していただきたいのは、寄与度が大きくても日経平均株価と全く同じ動きをするわけではないということです。あくまでも選んだ銘柄についてきちんと分析し、戦略を立てて取引するようにしましょう。

日経平均株価の変動要因

日経平均株価はさまざまな要因によって変動します。主な原因は次の通りです。

  • 政治・経済関連のニュース- 日銀の発表、米国大統領選挙などの政治・経済イベントにより指数の価格が動く原因となることがあります。
  • 為替レート -日経平均を構成する銘柄の企業の多くが原料や製品の輸入・輸出を行っています。このため為替レートの変動も日経平均株価に影響を与える可能性があります。
  • 企業の広報、発表 - 社長の交代や、合併の可能性などの発表があると、株価に影響を及ぼすことがあります。その企業が株価指数の銘柄に採用されていれば、これらの発表で株価指数も動く可能性があります。
  • 企業の決算情報- 企業の利益や損失によって株価が上下する可能性があります。
  • コモディティ(商品)価格の変化 - 原油などのコモディティ銘柄が日経平均株価に影響を与えることがあります。

日経平均株価を取引する際には、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析を活用し、取引戦略を立てましょう。また、リスク管理も大切です。

日経平均株価の取引戦略

  • 自分だけの取引戦略を立てる: スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードの4つの主な取引スタイルがあります。それぞれの取引スタイルによって、取引を行う頻度や、取引の期間が異なります。
  • チャートやプライスアクションについて学ぶ: 日足チャートや週足チャートは市場のセンチメントを測るのに役立ちますが、プライスアクションは市場が次にどう動くのかを知るのに役立ちます。
  • テク二カル分析やインジケーターを使う: 市場のシグナルやトレンドを特定するために、取引戦略の一部としてテクニカル分析やインジケーターを使用すると便利です。
  • 日経平均のトレンドシグナルを見つける: チャートを見ることで、トレンドに入っているかどうかを見分けることができるはずです。ストキャスティクスやRSIなどのモメンタム指標で売買シグナルを確認することができます。
  • 取引アラートを設定する: 取引アラートを設定しておけば、日経平均株価があらかじめ設定した値に到達したらすぐに通知を受けることができます。
  • 最新ニュースをチェックする:決算など企業に関するニュースが発表されると、株価に影響を与えることがあります。最新のイベントに合わせたトレードをするために、経済カレンダーに目を光らせておきましょう。

日経平均の計算方法と取引時間

日経平均は日本で最も有名な株価指数です。現在の日経平均株価の源流となる株価指数は1950年に算出が始まりました。日経平均株価と呼ばれるようになったのは1985年のことです。

日経平均の計算方法

日経平均は構成銘柄の株価を「みなし額面換算」したうえで合計し、「除数」で割って算出されています。

日経平均の取引時間

IG証券の株式CFD取引を利用すると、日経平均株価の動きを参照する「日本225」を24時間取引いただくことが可能です。ダウ平均などその他の株価指数の取引時間など詳細情報についてはこちらをご覧ください。

よくある質問

IG証券では、CFDで日経平均株価を取引することができます。日経平均株価を参照している株価指数の銘柄名は「日本225」です。株価指数の口座から「日本225」を選択して、取引を開始してください。

取引する前に、株価指数がどのように機能するか下調べを行い、仕組みを理解していることを確認しましょう。

日経平均株価に採用されるには、まずその銘柄が東証一部に上場している必要があります。そのうえで、流動性などの条件をクリアした場合に、日本経済新聞社によって日経平均株価に採用されます。

金融取引についてもっと学びませんか?

無料で使えるIG証券のオンラインコース「IGアカデミー」で、基礎から上級まで役立つ知識を手に入れましょう。

こちらのコンテンツもお勧めです

取引方法やVIXについての解説はこちらからご覧ください。

IG証券ではインデックスファンド/インデックス投信やETF(上場投資信託)をCFDでお取引いただけます。

バイナリーオプションの仕組み、取引方法などについてはこちらをご覧ください。