カタール、OPECを1月脱退へ 価格支配力が一段と低下も

  • カタールは世界最大のLNG輸出国
  • 今後はガス産業に注力
BG_oil_pump_WTI_Brent_97898798

カタールは3日、石油輸出国機構(OPEC)に対し、来年1月に脱退する意向を伝えた。アルカービ・エネルギー相が会見で明らかにした。同国の脱退により、OPECの価格支配力は一段と低下する可能性がある。

ドーハで会見を開いたエネルギー相は、これはガス産業の発展に注力するための長期戦略に基づく決断だと語った。

同国は6日にウィーンで開催されるOPEC総会には出席する予定。

OPECの主力メンバーであるサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)は昨年、カタールがテロ組織を支援しているとして、一方的に同国と断交した。

市場関係者はOPEC総会での減産の決定やロシアなどの非加盟国の協調に注目していた。カタールは、脱退後はOPECの合意に関与し続けることはないと表明している。

米原油先物の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は10月3日、イラン産原油の供給ひっ迫懸念を背景に期近限月が1バレル=76.90ドルの約4年ぶりの高値を付けたが、その後、一転して下げ基調に。米国がイラン産原油の禁輸について一部の国に適用除外を容認したことや、米中貿易摩擦に伴う世界景気の減速などで、11月29日に50ドルを割り込む場面があった。

1日の米中首脳会談で貿易摩擦に対する懸念が和らいだことで、3日の原油相場は買いが優勢となった。カタールのOPEC脱退が伝えられた頃には、グローベックスで53ドル台後半まで強含んだ。

カタールの原油生産量はOPEC加盟国で11番目。一方、同国は世界最大の液化天然ガス(LNG)の輸出国。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。