米掘削リグ稼働数が3年半ぶり高水準 来年の米原油増産へ

米国の掘削リグ稼働数が過去3年半余りで最多の水準まで増加した。来年にかけて米シェールオイルの増産が見込まれ、相場の重しになりそうだ。

bg_oil_rig_1404887

米国の石油掘削装置(リグ)稼働数が過去3年半余りで最多の水準まで増加した。来年にかけて米シェールオイルの増産が見込まれ、相場の重しになりそうだ。

米石油サービス大手ベーカー・ヒューズは10月27日、リグの稼働数を875基と発表。2015年3月6日発表の922基以降で最も多い水準だった。11月3日発表の最新統計でも874基と前週とほぼ同数の高水準を維持している。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近が16年初めに1バレル=35ドルを割り込むと、リグ稼働数は同年5月に316基まで減少。しかし、その後は相場の回復とともに増加している。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は、来年の米国産原油の増産見通しを示している。6日発表した短期エネルギー見通しによると、今年の米原油生産量見通しは日量1090万バレルで、来年は同1210万バレル。

7日の米原油先物相場は8日続落。期近12月限は一時、61.20ドルと期近としては3月中旬以来の安値を付けた。週間の米原油在庫が予想以上に増えたことで売り材料になった。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。