トランプの「ダウト」に翻弄される株式市場

米国ウィークリー 2019/5/8号

  • ・米国株式市場は、「米中交渉は順調に進んでいる」というトランプ大統領の言葉に期待と希望を抱いて発言の信憑性を疑わず、「ダウト」コールをすることなく年初より順調に上昇してきた。唐突な「追加関税宣言」は、あたかもトランプ大統領が手札を全部出して先に上がり、一旦「ダウト」ゲームが終了したかのようだ。
  • ・米国経済に関しては、4/26発表の2019年1-3月期の実質GDP速報値が前期比年率換算3.2%増となり、2018年10-12月期の2.2%増から加速。5/3発表の4月雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比26.3万人増で市場予想を大きく上回り、失業率は3.6%と49年ぶりの水準に低下するなど好調さを示す一方、平均時給は前年比3.2%増にとどまり、「適温経済」が続いていることが示された。トランプ政権からもFRBに対する利下げ要求が強まったが、4/30-5/1実施のFOMCでは、パウエル議長から「物価伸び悩みは一時的」、「利上げ・利下げのどちらかに動かす強い証拠はない」として市場で強まる早期利下げ観測を打ち消した。主要企業の1-3月決算発表では、主要企業で明暗が分かれた。アップル(AAPL)マイクロソフト(MSFT)アマゾン(AMZN)フェイスブック(FB)の決算発表は好感された一方で、アルファベット(GOOGL)スリーエム(MMM)インテル(INTC)などは、決算発表後に大きく売られた。
  • ・5/5にトランプ大統領がツイッターで「中国は2,000億ドル分の製品に10%の関税を支払っているが、金曜日(5/10)に25%に上がる。」と表明し、関税を課していない3,250億ドル分の中国製品にも「速やかに25%の関税を課す」と主張。
  • ・追加関税については、既に昨年7/6の第1弾(340億ドル分へ25%)、8/23の第2弾(160億ドル分へ25%)、9/24の第3弾(2,000億ドル分へ10%)がある。昨年の米国株式市場をNYダウで見ると、第1弾実施直前の6/28に23,997ドルの安値を付けた後、第3弾実施後の10/3まで上昇を続けた経緯を鑑みれば、追加関税の実施が株価下落に直結すると見るのは早計だろう。米中間の相互関税によって企業の生産拠点が中国からアセアン等の周辺国にシフトする動きの加速など、グローバル企業も米中冷戦時代の構造変化への対応力を増してきている。ただし、S&P500とナスダックの株価指数が最高値更新まで上昇した後の一服感に加え、ヘッジファンド等の6月中間決算を控える季節要因もある。次の「トランプ・ゲーム」に移行するための準備期間としての調整局面があるとすれば、それを好機と捉えて2019年1-3月決算発表を終えた銘柄から買い銘柄候補を探す局面であろう。(笹木)

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(5/6現在)

■主な企業決算の予定

●5月8日(水):ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー、CBREグループ、マケッソン、Fox Corp、マラソン・ペトロリアム、マイクロチップ・テクノロジー、コティ、アルベマール、シマレックス・エナジー、Evergy Inc、センチュリーリンク、ネクター・セラピューティクス、ペリゴ
●5月9日(木):デューク・エナジー、カーディナルヘルス、センターポイント・エナジー、ノルウェージャンクルーズライン・ホールディングス、ベクトン・ディッキンソン、アメレン、タペストリー、ブッキング・ホールディングス、シマンテック、メトラー・トレド・インターナショナル、ニューズ・コーポレーション
●5月10日(金):Linde PLC、マリオット・インターナショナル、バイアコム
●5月13日(月):テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア

■主要イベントの予定

●5月8日(水)
・MBA住宅ローン申請指数
●5月9日(木)
・中国CPI(4月)、中国PPI(4月)
・PPI (4月)
・貿易収支(3月)
・失業保険申請件数(5月4日終了週)
・卸売在庫(3月、改定値)
●5月10日(金)
・CPI(4月)
・財政収支(4月)
●5月13日(月)
・住宅ローン延滞率(1-3月)

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)



【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:フィリップ証券 リサーチ部
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 国際公認投資アナリスト 笹木和弘
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株価指数CFD

  • 主要指数の24時間取引が可能
  • 世界約30種類以上の株価指数を提供
  • 株価指数をバイナリーオプションで取引

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。