アップルの目標株価295ドル 「iPhone」好調―RBC調査

・投資判断「アウトパフォーム」
・「iPhone」が確固たる基盤提供

RBCキャピタルマーケッツは13日、アップル株<AAPL>について投資判断を「アウトパフォーム」、目標株価を295ドルで調査を開始した。スマートフォン「iPhone」の好調を理由に挙げている。

RBCが目標株価とする295ドルはアップルの調査では3番目に高い。アップル株の13日終値水準に比べ、11.5%高い水準となる。

RBCのアナリスト、ロバート・ミューラー氏は、文句なしに世界で最も人気のある消費者向けの製品であるiPhoneが確固たる基盤を提供しているとし、iPhoneは日々の生活に深く根付き始めていると指摘した。

一部の投資家やアナリストが懸念するiPhoneの売上高減少については、最近のアップル製品のライフサイクルが長期化している一方で、スマートフォンの浸透の流れが後退するとはみていない、と同氏は述べた。

さらに、iPhoneの売上高減少を補うべく、アップルはハードウェア製品群を拡大させているとし、こうした中にアップルウォッチやエアポッドが含まれるとした。

ミューラー氏は、アップルの製品イノベーション、および2021年に見込まれる次世代高速通信「5G」対応型iPhoneの発売が長期的な価値を創出するだろうと指摘した。

同氏はまた、アップルの強いバランスシートに言及。2015年以来、アップルは2420億ドル規模の普通株の買い戻しを実施しており、これはマイクロソフトの自社株買いの3倍に相当すると指摘した。

その上で、アップルの現在の正味の手元資金(ネットキャッシュ)は1000億ドルであり、同社の経営陣が「キャッシュ・ニュートラル」を目指していることを鑑みれば、ネットキャッシュの過半が投資家に還元されるだろうと予想した。

時価総額

13日の米国株式市場でアップルは前日比2.51ドル(0.96%)高の264.47ドルで取引を終えた。この日は一時264.78ドルまで上昇し、史上最高値を更新している。年初来の上昇率は6割を超えた。

時価総額は1兆ド台を回復し、13日終値時点で1兆1750億ドル。マイクロソフト<MSFT>を僅差でかわして世界首位に立つ。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界16,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。