レナー、2018/11期4Q(9-11月)は事業売却の影響を除くベースで83%増益、住宅ローン金利低下で客足が改善

ニューヨーク | 住宅建設 | 業績フォロー
BLOOMBERG LEN:US | REUTERS LEN

  • 2018/11期4Q(9-11月)は、売上高が前年同期比70.6%増の64.59億USD、純利益が同2.6倍の7.96億USD。調整後EPSは1.96USDと市場予想の2.03USDを下回った。
  • 買収したCalAtlanticが引渡戸数を押し上げ大幅増収。Rialtoの事業売却の影響を除くベースの純利益は同83%増の5.56億USDだった。
  • 同社会長は住宅ローン金利の低下で12月に客足が改善したと表明。足元では期間30年のフレディマック住宅ローン融資承認金利は1/18に4.45%を付け11月の直近高値の4.94%から49bp低下している。

What is the news?

1/9発表の2018/11期4Q(9-11月)は、売上高が前年同期比70.6%増の64.59億USD、純利益が同2.6倍の7.96億USD。住宅ローン金利の上昇と住宅価格高騰により住宅市況が軟化したものの、2017/10に買収したCalAtlanticが引渡戸数を押し上げ大幅増収。引渡戸数は同64.0%増の14,154件、平均引渡価格は同8.5%上昇の42.1万USDとなった。4Qの新規受注戸数は同44.2%増の10,611件であった。純利益ベースでは2018/11に完了したRialtoの資産運用事業の売却に伴う売却益2.96億USDを計上しており、これを除くと同83%増の5.56億USDだった。このほかパーチェス法による会計処理による受注残/建設仮勘定の評価替えの影響や買収費用など特別項目を除いた調整後EPSは1.96USDと市場予想の2.03USDを下回った。

 事業別の業績は以下の通り。主力の住宅建設事業は売上高が同77.8%増の60.65億USD、営業利益が同67.8%増の8.03億USD。金融サービス事業は、売上高が同14.9%増の2.28億USD、営業利益が同39.6%増の5,872万USD。Multifamilyは売上高が同6.1%増の1.09億USD、営業利益が同14.6%減の3,296万USD。Rialtoは、売上高が同23.7%減の5,603万USD、営業利益が▲4,714万USDと前年同期の▲1,199万から赤字幅拡大だった。

How do we view this?

将来の売上の目安となる手持ち工事残高は同74.8%増の15,616件。2019/11通期市場予想は、売上高が前期比8.3%増の222.80億USD、当期利益が同13.7%増の19.27億USD。同社のミラー会長は電話会議で、住宅ローン金利の低下で12月に客足が改善したと表明。「数量と利益率の両面で最近圧力がかかる中で、住宅市場が完全に失速したと懸念する人が多かった」と指摘する一方、「我々は同じ意見ではない。金利が下がり始める中で客足が上向いている。市場が自然に休止したと我々は引き続き考えている。調整を経て経済のファンダメンタルズの強さに牽引された需要が再び見られるだろう」と述べた。期間30年のフレディマック住宅ローン融資承認金利は1/18に4.45%を付け、11月につけた直近高値の4.94%から49bp低下。住宅市況の調整が一服する可能性もあろう。

配当予想(USD) 0.16 (予想はBloomberg)
終値(USD) 44.10 2019/1/18

会社概要
1954年にマイアミで設立した住宅建設会社。一次取得者や二次取得者、アクティブアダルト、高級住宅バイヤーなどを対象に一戸建て住宅を提供している。そのほか、 RialtoやMultifamilyを通じて金融サービスの提供や商業用不動産投資や投資運用、集合住宅の開発も行っている。2017年には29,394の新築住宅を供給した。

設立当初は地元のマイアミに注力していたが、1980年代から1990年代にかけてPacific Greystone Corporationの買収などを通じ、カルフォルニアやフロリダ、テキサスなどに進出した。2000年にはUS Home Corporationを買収し、ニュージャージー州、メリーランド州、バージニア州、ミネソタ州、およびコロラド州に事業を拡大。2010年から2013年にかけて、住宅建設事業をジョージア州、オレゴン州、ワシントン州、テネシー州の各市場に拡大。2017年にはフロリダで高級一戸建てや高層タワーマンションも含む集合住宅の住宅建築者の WCIを買収した。2017/10/29、米国最大級の住宅建設会社であるCalAtlantic Groupの子会社化が完了。

企業データ(2019/1/22) ベータ値 0.68
時価総額(百万USD) 14,239
企業価値=EV(百万USD) 22,898
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 210.5

主要株主(2019/1) (%)
1.Vanguard Group Inc 10.28
2.ブラックロック 7.64
3.マニュライフ・ファイナンシャル 5.50
(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)

【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。