レオパレスが前場値下がり率トップ 赤字転落見通し 施工不良で損失拡大

30日の東京株式市場前場でレオパレス21が値下がり率トップ。2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、赤字に転落する見通しを発表したことが背景。

bg_tokyo_stock_exchange_1144822

30日の東京株式市場前場でレオパレス21が値下がり率でトップ。2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、赤字に転落する見通しを発表したことが背景にある。

前場終値は前日比96円(18.39%)安の426円。一時、422円のストップ安まで下げ年初来安値を付けた。

レオパレスは29日、19年3月期の連結最終損益が50億~70億円の赤字に転落する見通しと発表。従来は115億円の黒字を見込んでいた。赤字は8年ぶり。

過去に建設したアパートの施工不良が当初の想定より増える見通しであり、補修工事などの損失引当金を積み増す。施工不良の調査と補修工事が終わるまで入居者の募集を停止している。

賃料収入の減少が見込まれることで売上高も5100億~5160億円に下方修正した。従来予想は5530億円。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。