クラリオンを仏フォルシアに売却へ 日立が約800億円で

日立がクラリオンをフランスの自動車部品メーカー大手フォルシアに売却する検討に入った。

bg_factory_1357913

カーナビ業界の再編が進むなか、日立製作所が子会社クラリオンをフランスの自動車部品メーカー大手フォルシアに売却する検討に入った。

日立はフォルシアによるTOB(株式公開買い付け)に応じ、クラリオン株50%超を譲渡する見通し。国内メディアによると、売却価額は800億円前後とみられる。日立は18年3月末時点でおよそ63%のクラリオン株を保有。

クラリオンは自動車メーカーにカーナビをOEM(相手先ブランドによる生産)供給しているが、スマホの普及を受け需要は伸び悩んでいる。25日発表の18年4~9月期連結決算は、純利益が前年同期比85%減少。

クラリオンはカーナビ以外に自動車向けクラウド情報ネットワーク、カーオーディオ、自動駐車システム、業務用車載機器(運行管理システム、カメラ等)の開発・販売を手掛けている。18年3月期の連結売上高は約1830億円。

一方、空調や音響機器、安全運航システムを手がけるフォルシアは、クラリオン買収を通じて日本市場への浸透強化を図る。17年12月期売上高が約169億ユーロ(2兆1000億円)の同社は、1992年に現地法人フォルシア・ジャパンを設立。今年5月に横浜に技術開発拠点を開設した。

カーナビ業界では、パイオニアが香港の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア傘下のファンドから最大600億円の出資を受ける方針を先月発表。富士通のカーナビ子会社である富士通テンは、デンソーに売却されている。

クラリオンは、日立が買収する06年までクラリオンガールなるキャンペーンキャラクターを毎年選出していたことでも知られている。立憲民主党の蓮舫参議院議員は88年のクラリオンガール。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。