今月 最も注目すべきは米株の動向

米中対立が緩和に向かうという前提が崩れなければ、今月のドル円は堅調地合いを維持するでしょう。円相場も円安優勢で推移すると予想します。しかし、その前提が崩れる場合、まず米株が崩れるでしょう。そして米株の動きに連動し円高圧力が高まるでしょう。米株に注目する理由は?マーケットレポートをご参照ください。

・今月 最も注目すべきは米株の動向

アベノミクス後(2013年以降)の12月のドル円は、年後半にリスク回避圧力が高まった2015年と2018年以外は売り買い交錯の堅調地合い、もしくは上昇トレンドとなった。2018年はFEDリスクによりドル円の下押し圧力が高まったが、そのFEDが緩和スタンスへ転じている現状を考えるならば、現在のリスク回避要因は米中の通商対立のみである。その米中だが、第1フェーズの協議が詰めの段階にきているとの報道が流れている。現在の各市場は米中対立が緩和に向かうという前提で動いている。この前提が崩れない限り、今年12月のドル円は堅調地合いとなろう。
そのドル円以上に上記の前提を強く意識しているのが米株である。昨日は冴えないISM製造業景況感指数が意識され下落したが、主要3指数は未だ最高値圏での攻防を維持している。今年の12月は、その米株が波乱要因となる展開を警戒する必要がある。筆者がそう考える理由はボラティリティの動向である。20日間の値動きを標準偏差にし、それを年率換算したボラティリティを確認すると、低すぎる水準6%前後で右往左往している。一時5.0%の水準すら割り込んだボラティリティは昨日、再び6%台へと上昇している。2018年以降のトレンドパターンを確認すると、「6%割れ→6%回復」後にボラティリティが急拡大している。マーケットとは不思議なもので、タイミング良く(もしくは悪く)トレンドパターンを再び生じさせる「何か」に往々にして直面する。上述した米中対立が緩和に向かうという前提の崩壊が、目先注視すべき「何か」である。しかし、それ以外の「何か」で米株が崩れる可能性もある。理由が何にせよ米株が崩れる場合、ドル円には下押し圧力が高まろう。クロス円も円高優勢の展開となろう。

【米株とボラティリティ】

S&P500 米株 ボラティリティ volatility

・ドル円のテクニカル分析

2日は大陰線が示現し、109.70台での売りの強さを市場関係者に印象付けた。よって、目先の新たなレジスタンスポイントとして109.70レベルを想定する。このレベルにはオファーが観測されている。109.70を上方ブレイクする展開となれば、110.00トライを予想する。米株のブルトレンド維持がその土台となろう。一方、下値の焦点は21日MAと200日MAがクロスしている108.90台の攻防が焦点となろう。昨日はこれらMAで相場がサポートされた。通貨オプション市場のリスクリバーサル(1週間)を確認すると、再び低下基調へ転じている。超短期スパンでは上記のMAブレイクを警戒したい。108.90以下の攻防へシフトする場合、次の焦点は106円ミドル(10月上旬安値レベル)を起点とした短期サポートラインとなろう。このラインは今日現在108.65前後で推移している。108.60および108.50にはビッドが観測されている。

【ドル円】

USDJPY ドル円 リスクリバーサル テクニカル分析 移動平均線

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券のFXトレード

  • 英国No.1 FXプロバイダー*
  • 約100種類の通貨ペアをご用意
  • ドル円スプレッド0.2銭**

* リテールFX取引アクティブ口座数。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2019年7月
** 日本時間 午前9:00 – 午前3:00(翌日)において原則固定(例外あり)。標準銘柄の場合。2019年10月28日時点

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。