米中通商協議の動向と観測報道

日米株式の市場では調整ムードが出始めています。この状況がリスク選好トレンドに冷や水を浴びせるかどうかは、米中通商協議の動向とそれに関する観測報道の内容次第でしょう。今日のドル円とユーロドルの焦点は?マーケットレポートをご参照ください。

Analysis Highlights

・米中通商協議の動向と観測報道

7日の海外外為市場は米ドル買い優勢の展開となった。この日は米中通商協議に対する不透明感が意識され、主要な新興国通貨に対して米ドル買い圧力が高まった。また、原油価格の下落を受け米ドル/加ドル(USD/CAD)の上昇幅が目立った。米ドル相場以上に買い圧力が高まったのが円相場だった。株安と原油安を背景にカナダ円やNZD円での円高が進行した。6日のレポート「絞られてきた目先のリスク要因」でも指摘したが、リスク選好トレンドを抑制する目先のリスク要因として注視すべきは、米中通商協議である。昨日、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は米中の間には「大きな隔たり(pretty sizable distance)」が存在すると指摘(CNBC報道)。来週初めに米国サイドはムニューシン財務長官とライトハザーUSTR代表を中国に送り込む。後者は対中強硬派の代表格であり、トランプ米大統領やクドローNEC委員長と対中政策のスタンスが一致している。米国サイドを納得させるだけの譲歩を中国サイドが示さなければ、ネガティブな観測報道が流れよう。現状、通商リスクは中国経済の減速リスクを市場に意識させる。この懸念が再び高まる場合、資源需要の落ち込み観測から豪ドルや加ドルといった資源国通貨売りが継続しよう。資源輸出に頼る新興国の通貨も対米ドルで下落しよう。また、中国経済と関係が深まっているドイツ経済の先行きリスクが意識されることで、ユーロも対米ドルで上値の重い展開が想定される。米中通商リスクは米ドル高要因であることを常に意識しておくことが重要である。

・ドル円は続落を想定 ユーロドルは1.1300トライを警戒

米中通商協議を控え日米株式で調整ムードが出始めている状況を鑑み、本日のドル円は続落を想定する。下値の焦点は2日連続で相場をサポートしている109.50となろう。この水準にはビッドが観測されている。日米株式の下落幅が拡大する場合、次の下値ターゲット21日MA(109.36)の攻防を注視したい。このMAをも下方ブレイクする場合は、短期サポートラインが推移している109.00を視野に下落幅の拡大を警戒したい。このレベルにもビッドが観測されている。一方、上値の焦点は52週MAで変わらず。110.20および110.25にはそれぞれオファーが観測されている。

ユーロドルはさらなる下値トライを想定。域内経済に対する先行きリスクが意識されているタイミングで米中通商協議の懸念が再び浮上しつつある状況、そしてプロジェクション61.80%の水準1.1339をも下方ブレイクする展開となっていることを考えるならば、1.1300(プロジェクション76.40%)のトライを警戒したい。昨日相場をサポートした1.1320にはビッドが観測されている。1.1300前後にもビッドが断続的に並んでいる。一方、反発局面では昨日高値1.1374の突破が焦点となろう。

【ドル円チャート】

USDJPY ドル円


【ユーロドルチャート】

ユーロドル EURUSD

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。