米国マンスリー2018年10月号

クリスマスラリーはやってくる?

bg_uk_retail_shoppers_1369089

企業、個人のマインドは高水準!

9月初旬に発表された8月のISM景況指数は、製造業、非製造業ともに市場予想及び前月水準を大きく上回り、想定外に再び大きく高まった。製造業は2004/5以来、約14年ぶりの高水準。新規受注が急上昇し、生産増に伴う雇用拡大から雇用指数も上昇した。

また、コンファレンスボード発表の9月の消費者信頼感指数は、市場予想に反し上昇。米中通商交渉激化の中、3ヵ月連続で改善し2001/1以来約18年ぶり高水準となった。良好な労働市場や賃金上昇などが楽観的な見方をサポートしていると見られる。ただ、追加関税による原材料高など影響が懸念され、今後の動向に注意したい。(庵原)

【想定外の改善となった企業・消費者のマインド~先行きの反動には注意!】

phillip_monthly_oct2018_01

再び20万人超の雇用増ペースに

8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比20.1万人増と市場予想の同19.0万人増及び前月の同14.7万人増を上回った。労働人口の伸びに合わせ、月12万人の就業者数増が必要であるが、6ヵ月移動平均の雇用者数は約20万人前後の増加と、極めて良好な雇用状況と言えよう。

失業率は3.9%と前月比横ばいだが、労働意欲はあるが職探しをしていない者、正社員を望むがパートタイムの就業者などを含む広義の失業率は0.1ポイント改善し7.4%と2001/4以来の水準となった。企業活動は活発であり、労働市場は当面、好調を維持することになりそうだ。(庵原)

【好調な労働市場~企業活動は活発で当面は好調を維持しよう!】

phillip_monthly_oct2018_02

賃金上昇、インフレは目標水準!

良好な景気や業績動向の中、高水準ながら伸び率横ばいが続いた賃金上昇率であったが、足元で伸び率が高まった。8月の平均時給は、前年同月比2.9%増と市場予想及び前月の同2.7%増から大幅に加速し、約9年ぶりの水準となった。持続的な雇用拡大が賃金上昇率を押し上げたと思われる。

また、コアCPIは2%超で推移し、FRBが物価目安とするPCEコアは既に目標の2%水準を達成している。FRBの金融正常化に向けた追加利上げが予想される。ただ、長期金利上昇ペースと同様に緩やかなピッチでの利上げとなろう。ただ、追加関税によりインフレが高まる可能性があり注視したい。(庵原)

【賃金上昇、インフレも目標水準到達!~緩やかに金融正常化進む?】

phillip_monthly_oct2018_03

貿易戦争で世界の景気動向は?

米中など、米国に端を発した貿易戦争が激化している。世界景気の動向を見極めるうえで、世界の貿易動向(輸出入金額)に注目したい。WTOによればマイナスが続いた世界貿易は2015/5の前年同月比▲14.4%を底にマイナス幅が漸減。2016/11にプラス転換し、以降データ、2018/7まで21ヵ月連続でプラスとなった。

IMFの世界経済見通しによれば、世界の成長率は2016年の前年比3.2%増を底に回復しており、貿易動向との一致が確認できる。ただ、2018/2に8ヵ月連続の2桁成長が途切れ、今年3月と6月には1ケタ成長に伸びが鈍化。7月は同13.1%増と再加速したが、追加関税発動前の仮需の側面もあろう。引き続きデータを注視したい。(庵原)

【世界貿易は拡大維持~貿易戦争の世界景気への影響を見極めたい!】

phillip_monthly_oct2018_04

業績動向、業種分類変更も注目

9/21現在、S&P500構成企業のEPS増益率は、2018/12期3Q(7-9月)が前年同期比19.3%増、通期で前期比23.5%増の見通し。減税効果や世界景気拡大などが業績押し上げへ。セクター別には、Iot、次世代通信5G、データセンター向けやAI、EV、自動運転など半導体需要拡大などからハイテク、金利上昇や株高で金融、原油高もありエネルギーなどの増益率が高い。ただ、先行きの増益率鈍化に注意したい。

また、9/28引け後にS&Pが業種分類を変更し、12/3にMSCIが世界産業分類基準(GICS)を変更し指数を再構成する予定。投資家のポートフォリオ再構築が想定され、関連としてアップル(AAPLアマゾン・ドット・コム(AMZNなどの株価動向に注目したい。(庵原)

【企業業績動向~2018/12期3Q及び通期は20%前後の大幅増益だが】

phillip_monthly_oct2018_05

年末に向け相場は一段高?

今年もクリスマスラリーはやってくるのか?答えはイエスであろう。通商問題を抱えながらも、景気指標、企業業績とも歴史的高水準にある一方、主要株価指数のPERなどバリュエーションに過熱感は見られない。FRBは金融引き締めを進めているものの、金利水準はヒストリカルに見て未だ低水準である。

減税効果浸透で業績が押し上げられ賃金は上昇し、株高、不動産価格上昇など資産効果が消費を押し上げている。アップル(AAPL)の新型iPhoneは高額ながら、販売も好調のようだ。北朝鮮問題や貿易問題などから、上値を抑えられてきた2018年の米国株だが、NYダウやS&P500が高値更新など上昇の兆しが見られる。年末に向けて一段の上昇相場が期待できそうだ。(庵原)

【年末のアノマリー!~今年もクリスマスラリーはやってくる?】

phillip_monthly_oct2018_06


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。