日経平均、大納会2万円維持するも7年ぶりの下落

  • 17年末に比べ2750.17円の下げ
  • 11年以来の年間下落
bg_japan_stocks_1389271

大納会となった28日の東京株式市場で日経平均株価は反落。前日の今年最大の上げの反動の利益確定売りが出たことや、取引時間中に為替相場が円高に振れたことが上値を重くした。心理的節目の2万円を下回る水準では買いが入り、大台を維持して終えたが、2011年以来7年ぶりの年間下落となった。

大引けは前日比62.85円(0.31%)安の2万0014.77円。

業種別では医薬品や小売業、石油が下落、非鉄金属や鉄鋼、倉庫・運輸関連が上昇した。

米中貿易摩擦や米政府機関閉鎖の継続などで、積極的な売買は手控えられた。

朝方は売りが先行。いったん2万0084.38円まで持ち直す場面もみれらたが、前引け間際に1万9900.04円の安値をつけた。後場は日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ期待などを支えに2万円を挟んでの推移となった。

17年末(2万2764.94円)に比べ、2750.17円(12.08%)安く引けており、年間ベースでは2011年以来7年ぶりに前年末の終値を下回った。安倍晋三首相が再登板した12年以降では、初の年間下落となった。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。