カナダグース株24%下落、ファーウェイ幹部逮捕で中国で不買運動 北京出店も延期

  • 中国本土1号店の開業延期
  • 中国の競合メーカー株が買われる
bg_canadian_dollar_1173739

中国の通信機器メーカー、ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された件を巡り、カナダの高級ダウンジャケット・メーカー、カナダグースの株価が大幅に下げている。

孟氏逮捕の後、中国ではカナダ製品の不買運動が起きている。トロント証券取引所に上場するカナダグースの株価は、5日の取引終了後に孟の逮捕が報じられて以降、14日までの間に終値ベースで24%近く下落した。

さらに、カナダグースは北京で15日開店予定だった中国本土1号店の開業を延期した。

同社は中国版ツイッターの「微博(ウェイボ)」の公式アカウントで北京店の開業延期を明らかにし、具体的な開業の日程はあらためて発表するとした。店舗前には「内装工事のため開業を見合わせます」との告知が掲げられている。店舗での抗議活動などを懸念したためとみられている。

カナダグースはアリババグループのジャック・マー(馬雲)会長が着用するなど、中国でも人気のブランドだった。

一方、競合する中国メーカー、波司登国際の香港上場株式が同期間に上場する場面がみられた。

関連記事:日本政府、ファーウェイ排除を民間に要請へ インフラ14分野

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。