米雇用統計と米金利の反応

今日の焦点は米雇用統計となりますが、なぜそう考えるのか?それは、米金利の反発要因が良好な指標データ以外見当たらないからです。結果次第で今日のドル円やユーロドルのトレンドが左右されると予想します。詳細はマーケットレポートをご覧ください。

Analysis Highlights

・米雇用統計と米金利の反応

米株の各ボラティリティ指数は、警戒水準の20ポイントを下回る水準で安定的に推移している。最高値圏にある米株をはじめMSCI Worldインデックスが示すとおり、世界の株式は6月以降上昇トレンドを維持している。FEDをはじめとした世界の中央銀行が緩和スタンスへ舵を切り始めていることが株高トレンドの主因であることは明白。米中対立リスクが後退している状況も考えるならば、目先は調整を挟みながら株高トレンドが続く可能性が高い。株高の維持を想定する場合、外為市場のトレンドを予測する上で重要なファクターは米長期金利(以下米金利)の動向である。その米金利はFEDの利下げ観測が台頭して以降、さらに低下圧力が高まっている。2019年をとおしてこの傾向が続くと筆者は想定している。だが、永遠に上昇 / 下落(低下)する市場はこの世に存在しない。よって、今後米金利の動向で注視すべきは反発局面とその要因である。現在のマーケット状況(=株高と原油高に追随できない米金利の状況)を考えるならば、その要因となり得るのは良好な指標データ以外見当たらない。本日は6月雇用統計が発表される。焦点は平均時給(前年同月比)の動向である。市場予想(3.2%)以上ならば、個人消費の拡大とインフレ低下の抑制に対する期待が高まることで米金利の反発を予想する。外為市場では米ドル買い優勢の展開となろう。警戒すべきは、平均時給をはじめ総じて市場予想以下の内容となる場合である。このケースでの外為市場は2つのトレンドを予想する。「冴えない雇用統計→FEDの利下げ期待の高まり」のケースでは、「株高/金利低下」を背景に新興国通貨買い圧力が高まろう。一方、「冴えない雇用統計→米国経済の減速懸念」のケースでは「株安/金利低下」を背景に円が最強通貨となろう。

【MSCI World Index】

株式 MSCI

・ドル円とユーロドルの展望

今日のドル円は、米雇用統計の内容次第でトレンドが決定されよう。結果発表後「株高/金利反発」の展開となれば、21日MA(107.99前後)を突破し、重要レジスタンスポイント108.80トライとなるかどうか、この点に注目する。この水準を突破する場合は、109.00を次のターゲットと想定している。108.80および109.00にはそれぞれオファーが観測されている。一方、「株安/金利低下」のケースでは下値トライを警戒したい。ビッドが観測されている107.50を下方ブレイクする場合は、107.00を視野に下落幅の拡大を予想する。尚、107.00にもビッドの観測あり。
ユーロドルのトレンドも米雇用統計次第である。「良好な雇用統計→米金利の反発」の局面では短期サポートラインの維持が焦点となろう。このラインは今日現在、1.1245レベルで推移している。一方、「冴えない雇用統計→米金利低下」の局面では21日MA(1.1300前後)の突破を予想する。だが、積極的にユーロを買う材料に欠けることから、オファーが観測されている1.1320(7/2高値)、1.1330および1.1350レベルでの反落を警戒したい。

【ドル円】

USDJPY ドル円


【ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

シニアFXストラテジスト/ Senior FX Strategist 公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 / CMA® 国内金融機関において為替ディーラーとしてのキャリアをスタート後、2009年3月にIG証券の前身であるFXオンラインジャパンに入社。 2010年4月よりアナリスト、ストラテジストとしてマーケット分析業務に従事。為替市場を専門としながらも国内外の株式市場や債券市場まで幅広くカバーする見識を持つ。 主要メディアへの露出も多く、そのハイクオリティな分析レポート及びコメントはロイター、ブルームバーグ、ダウジョーンズ、時事通信、日経新聞、NHKイ ンターナショナル等の主要ニュース配信会社に掲載されている。 またその定評のある分析能力から、レギュラーコメンテーターとして下記のテレビ及びラジオ番組にも出演中。 テレビ番組:日経CNBC「デリバティブ・マーケット」、「昼エクスプレス」 ラジオ番組:ラジオNIKKEI「前場の広場-FXショートコメント」 ツイッターでは毎日新鮮なマーケット情報が満載の「今日のファンダメンタルズ」及び「今日のテクニカル」を配信中。

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。