コロナワクチン開発、グラクソや第一三共の進捗は?

11月の特集では一部の欧米主要プレーヤーやアンジェス、塩野義製薬といった日本企業のワクチン開発の進捗に焦点を当てた。前回取り上げていない主力メーカーの開発状況をまとめた。

米製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックが開発した新型コロナウイルス向けワクチンの接種が今月8日に英国で始まった。主要先進国でのワクチン接種はこれが初となる。続いて米国でも接種が開始され、欧州連合(EU)でも年内に接種が始まるとみられている。

ファイザーは18日、日本でもワクチンの製造販売承認を申請したと発表。同社と日本政府はすでにワクチン1億2000万回分を供給することで合意している。

一方、米バイオ製薬のモデルナが開発したワクチンも近く米英両国で承認される見通しだ。

11月の特集では一部の欧米主要プレーヤーやアンジェス、塩野義製薬といった日本企業のワクチン開発の進捗に焦点を当てた。

関連記事:塩野義が治験開始、アンジェスに続き国内2例目【製薬会社のワクチン開発】


以下に前回取り上げていない主力メーカーの開発状況をまとめた。


グラクソ・スミスクライン、サノフィ

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)とフランスのサノフィは、遺伝子組換えタンパク質をベースとするアジュバント添加ワクチンを共同開発している。ワクチンの強化剤であるアジュバントの添加により、1回の投与量を減らせるという。

440例を対象とする第1/2相臨床試験を9月に開始。18歳から49歳でコロナから回復した患者と同様の免疫反応が得られたが、高齢者では免疫反応が不十分だったとの初期のデータを今月開示した。

年内に第3相試験を開始する予定だったが、当面見合わせ、2021年2月に第2b相試験を行う計画。抗原を改良して治験を行う。良好な結果が得られれば、同年4~6月期に第3相試験を開始するという。

両社は21年半ばの実用化を目指していたが、治験が遅れたことで同年10~12月期にずれ込むと見通しとなった。


以下は本記事とは関係がありません。
グラクソ・スミスクラインなどの株式CFD取引をお考えならIG証券で口座開設デモ口座もご用意しております。


イノビオ

イノビオ・ファーマシューティカルズは体内にウイルスの遺伝情報の一部を送り込んで免疫をつけるDNAワクチンを開発している。

第2相臨床試験を実施しており、年末までに米国で成人400例に接種を実施する予定。21年の早い時点で第3相試験を行う計画を立てている。

イノビオが開発するワクチン候補は接種装置「セレクトラ2000」と呼ばれる器具を用いる。米食品医薬品局(FDA)は9月、この器具に関するさらなる情報が必要として、第3相試験の実施の承認を一部保留にしている。


メルク

米製薬大手メルクはコロナワクチン2種類の開発に向け、オーストリアのワクチンメーカーのテミス・バイオサイエンスを買収し、さらに、IAVI(国際エイズワクチン推進構想)と提携した。

テミス買収で獲得した麻疹ウイルスベクターワクチンと、IAVとの提携で開発しているウイルスベクターワクチンの臨床試験を実施している。


第一三共

国内メーカーではアンジェスと塩野義製薬に先行を許したが、第一三共も21年3月をめどに臨床試験の準備を進めている。

第一三共はメッセンジャーRNA(リボ核酸)と呼ばれる遺伝子の一種を人工的に作成して免疫反応を引き起こす仕組みのワクチンを東京大学医科学研究所と共同で開発する。

同社は中東呼吸器症候群(MERS)に向けにもmRNAワクチンを開発した実績を持つ。


以下は本記事とは関係がありません。
第一三共などの株式CFD取引をお考えならIG証券で口座開設デモ口座もご用意しております。


今回の特集では最終治験前の企業に焦点を当てた。

先行するファイザーは現在、主に医療関係者や高齢者を対象にワクチンを接種している。

一部の予想によれば、先進国でワクチンが普及し始めるのは21年4~6月期、あるいは7~9月期。同年末までに希望者のほとんどが接種を終えている可能性がある。


以下は本記事とは関係がありません。

IG証券での株式CFD取引方法

IG証券では最先端のテクノロジーを用いた取引プラットフォームをご用意。

株式CFD取引を買い(ロング)ポジションだけでなく売り(ショート)ポジションからも取引を始めることができます。

  1. IG証券の口座を開設、もしくはお持ちのアカウントにログイン
  2. 口座を選択
  3. 取引したい銘柄を指定
  4. 取引チケットで「買い」か「売り」をクリック
  5. ロット数を選択
  6. 注文を確定する

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界16,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。