東芝メモリ、19年上場目指す 社名変更検討

東芝メモリが早ければ2019年秋の東京証券取引所へのIPOを目指している。設備投資資金の確保を狙う。社名変更も検討しているという。

bg_tokyo_stock_exchange_1144826

半導体メモリーで世界2位の東芝メモリが早ければ2019年秋の東京証券取引所への新規株式公開(IPO)を目指している。上場による設備投資資金の確保を狙う。社名変更も検討しているという。

現在、IPOの主幹事証券会社の選定を進めている。同社は当初、上場のめどを3年後としていた。

東芝メモリは米ファンドのベインキャピタルなどが6月に東芝から買収した。議決権比率はベインが49.9%、東芝が40.2%、HOYAが9.9%。

東芝メモリは積極的な設備投資により、韓国サムスン電子との差を縮めたい意向。IHSマークイットの調査によると、17年時点でのNAND型メモリー市場に占めるシェアはサムスン電子が約40%で東芝メモリは15%超。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。