WTI原油が時間外で下落 ロシアが減産緩和を計画との報道

・OPECプラスの減産合意、6月末まで
・ブレント先物も下げに転じる

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)に上場するWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物が27日のアジアでの時間外取引で下げている。ロシアが原油減産の7月からの緩和を計画しているとの報道が材料になっている。

WTI先物で期近の7月限は日本時間午前10時43分現在、26日の通常取引終値を0.26ドル(0.76%)下回る1バレル=34.09ドルで推移している。

26日の通常取引の終値は前週末比1.10ドル(3.31%)高の34.35ドル。各国の経済活動の再開で原油需要が持ち直すとの見方が増え、一時34.81ドルと中心限月として約2カ月半ぶりの高値を付けた。

ブルームバーグは日本時間27日早朝、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成されるOPECプラスの協調減産に参加しているロシアが、7月から減産の緩和を計画しているとの関係者の話を伝えた。OPECプラスの取り決めに順守する形で行われるという。

これに先立ち、ロシアのペスコフ大統領報道官は26日、原油の供給過剰に対応するためのOPECプラスの減産について拡大が必要かとの記者団の質問に、各国は状況の進展を精査するだろうと答えている。報道官は、この合意には厳密に定められた期間が存在するとし、ロシアは責任を持って参加していると述べた。

ロシアのエネルギー省は25日、同エネルギー相の議会での発言として、現在の供給余剰は日量700万~1200万バレルだが、需要の増加により6月から7月にかけて市場は均衡するとの予想を示した。

OPECプラス、6月に会合開催へ

OPECプラスは4月、日量970万バレルの協調減産を5月1日から2カ月間実施することで合意した。

ロシアは日量200万バレル減産し、OPECプラスの合意で約束した水準に達したとの同国のノバク・エネルギー相の発言をロシア通信(RIA)が先ごろ伝えている。

OPECプラスは6月上旬に会合を開き、減産継続を協議する。

ロンドンのインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)に上場する北海ブレント原油先物もアジアでの取引で下落。期近の7月限は通常取引終値を0.19(0.53%)ドル下回る35.98ドルで推移している。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の商品(コモディティ)トレード

  • 約70種類の商品が取引可能
  • 原油や金など主要な商品の円建て銘柄
  • 金・銀、原油はバイナリーでも

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。