ドル円110円割れの要因と短期的な円相場の見通し

ドル円は110円台へ上昇、と思ったらあっさりと109円台へ反落。対中関税報道がドル安要因、との指摘がありましたが、本当にそうでしょうか?そして短期的な円相場の見通しは?マーケットレポートをご参照ください。

昨日のドル円下落(円高)の見解

14日の外為市場に大きな変動は見られなかった。円相場は引き続き主要な株式、特に米株の動向をにらみながら上下に変動する展開を予想する。そう考える理由は14日のレポート「円相場と株式の関係について」で指摘済み。
昨日、ドル円を含めた円相場が一時円高へ振れる局面が見られた。その要因として指摘されたのが、米国サイドによる対中関税の維持に関する報道だった。しかし筆者の考えは違う。分足単位でドル円、クロス円そして米株(S&P500)の動きを確認すると、見事に連動していることがわかる。昨年10月以降、株式との相関関係(株高→円安)の復活を考えるならば、まず対中関税維持の報道に米株が反応し(=上値が重くなり)、その動きを確認した直後、ドル円をはじめとした円相場全体で若干円買い圧力高まった、これが昨日のドル円110円割れとクロス円の下落に関する筆者の見解である。
円相場のトレンド決定要因となっている米株だが、S&P500のオプション価格をベースとしたVIXは12ポイント台の低水準を維持している。一方、ナスダック100のボラティリティ指数であるVXNも15ポイント台の水準で安定的に推移している。米中通商摩擦は今後も続くだろうが、現時点でそれが米株の主要テーマとして浮上していないことを後者のVXNは示している。よって、調整の反落を挟みながら米株は堅調地合いを維持すると予想する。米株が崩れない限り、円相場も円安優勢で推移しよう。

ドル円下落と米株反落

USDJPY S&P500 ドル円 米株

ドル円とクロス円の動向(円高局面)

円相場 ドル円 クロス円

低下傾向のボラティリティ

目先は米株高の維持と円安優勢を予想するも、現在のインプライド・ボラティリティが低下傾向にあることを考えるならば、急速に円安が進行する可能性は低いと考える。ドル円のインプライド・ボラティリティは1週間、1ヶ月ともに4%台へと低下中。一方、ユーロドルのそれらは3%台とドル円よりさらに低い水準にある。1月末のEU離脱が現実味を帯びてきた英国だが、通貨ポンド(対米ドル)のインプライド・ボラティリティは6%前後とドル円やユーロドルより高い水準にある。だが、昨年10月や12月の10%台の高水準と比較すると、やはり低ボラティリティの状況に陥っていると言える。これら通貨ペアのボラティリティが低下基調にある以上、クロス円の変動幅拡大(=円安の加速)も期待できないだろう。ドル円はオファーが観測されている110.20、110.50および110.60レベルの攻防となるか、これらの点に注目したい。インプライド・ボラティリティの低下に加え、米長期金利の上昇が抑制されている状況も考えるならば、110.50前後が新たなレジスタンスとして意識されるかどうか、この点に注目している。一方、ユーロ円はオファーが観測されている122.80の突破が目先の焦点となろう。だが、これを達成しても123.20レベルで上値が抑制される展開を意識したい。123.00にもオファーの観測あり。比較的変動幅が期待できるポンド円はオファーが観測されている143.50の突破が目先の焦点となろう。これに成功する場合、144円台を再トライする展開を予想する。再びこの水準で上値がレジストされる場合、141.00-144.00のレンジ相場を形成する可能性を意識したい。144.00にもオファーの観測あり。

インプライド・ボラティリティ

インプライド・ボラティリティ USDJPY EURUSD GBPUSD ドル円 ユーロドル ポンドドル

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券のFXトレード

  • 英国No.1 FXプロバイダー*
  • 約100種類の通貨ペアをご用意
  • ドル円スプレッド0.2銭**

* リテールFX取引アクティブ口座数。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2019年7月
** 日本時間 午前9:00 – 午前3:00(翌日)において原則固定(例外あり)。標準銘柄の場合。2019年10月28日時点

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。