セル・イン・メイ(5月に売り逃げろ)とハロウィーン効果

セル・イン・メイ(5月に売り逃げろ)とは、5月にポジションを決済し10月に再度ポジションを保有せよ、という投資格言のひとつです。「セル・イン・メイ」と「ハロウィーン効果」は密接に関係しています。この記事では、両者の違いおよび投資戦略としての活用方法についてご説明します。

Source: Bloomberg

セル・イン・メイの意味とは

セル・イン・メイとは、5月に保有しているポジションを一度決済し、10月までマーケットから離れることをすすめる投資格言のひとつです。セル・イン・メイの戦略は、通常のバイ・アンド・ホールド(長期保有)戦略とは異なります。

セル・イン・メイは、1694年から1776年の間に英国の上流社会で始まったと考えられています。この格言の具体的な意味は「5月に株式を売って、セント・レジャー・デイ(9月第2土曜日)に再び株式を買え」ということです。これは毎年9月中旬に開催されるイギリスクラシック三冠の最後の競走である「セント・レジャー・ステークス」の競馬を引き合いにしています。

ハロウィーン効果インデックスチャート

この当時、富裕な投資家は夏の間、ロンドンを離れ避暑地で過ごす慣例がありました。都市から離れている間は保有ポジションの管理ができません。このため5月に保有ポジションを一度清算する取引慣行が出来上がありました。

ハロウィーン効果について

セル・イン・メイと密接に関係するのが、「ハロウィーン効果」戦略です。これは10月31日から5月1日、または冬季の間に株の出来高が向上するという理論がベースとなっています。夏が過ぎると投資家はロンドンに戻り、ポジションを再度保有し始めます。それと引き換えに、投下された追加の資本はマーケットに大きな流動性をもたらします。

ハロウィーン効果、あるいはハロウィーン戦略とは、投資家が10月末から4月末までに株式を購入し、5月から10月までの間は他の資産クラス(年金、債券等)に集中する取引戦略のことです。

ハロウィーン効果の平均月間総利回りチャート

多くの金融派生商品が開発されている現代では、5月にポジションを清算するのではなく売りポジションを保有することで、想定される株価の下落を取引機会として利用することができます。その後価格が回復すると考えられている10月に入る前に売りポジションを清算し、新たに買いポジションを保有することで利益の獲得チャンスが増えます。

セル・イン・メイは有効な取引戦略か

イギリス市場の歴史を振り返ると、確かにセル・イン・メイの戦略により夏場の下落局面で損失を回避することができました。

しかし現在では、セル・イン・メイとハロウィーン効果を狙う戦略について、投資家の間で議論の対象となっています。その理由の一例として以下のFTSE100の動きが参考となります。

ハロウィーン効果チャート

FTSE100は2016年5月の6185から2016年10月の6954まで上昇しました。一方、2015年11月初旬の6361から2016年2月の5536まで低下しました。そして2016年4月末に6322で終了しました。これはセル・イン・メイとハロウィーン効果の両戦略が有効でなかったことを示しています。

しかし、セル・イン・メイとハロウィーン効果を狙う戦略はタイミング戦略であり、プロの投資家に注目されてきたこともまた事実です。そこで、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を併用することで、上記の戦略を実際に導入するか否かを考えることが重要となります。

IG証券の株式CFD

  • 世界8,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。