外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

IHSマークイット(INFO)、IHSとマークイット統合のシナジー効果、気候変動リスク対応の環境関連データ提供サービスの伸びに期待

ニューヨーク | 情報サービス | 業績フォロー
BLOOMBERG INFO US | REUTERS INFO.N

  • 2019/11期2Q(3-5月)は、2018年に買収したアイプリオが貢献し、売上高が前年同期比12.6%増、営業利益が同32.0%増、純利益が同30.6%増と好調だった。
  • セグメント別の売上高は、統合マーケット・ソリューションを除いた3事業が増収となり、事業ポートフォリオの安定化を示した。
  • IHSとマークイット統合のシナジー効果が見込めるほか、気候変動リスクの開示強化などの新しい動きに対応した環境関連データ提供サービスが伸びることが期待される。

What is the news?

6/26発表の2019/11期2Q(3-5月)は、売上高が前年同期比12.6%増の11.35億USD、営業利益が同32.0%増の2.38億USD、純利益が同30.6%増の1.49億USD、Non-GAAPの調整後EBITDAが同16.8%増の4.65億USDと好調だった。2018年に買収したアイプリオ(Ipreo)の影響を除いたオーガニック売上高は同5%増だったが、アイプリオを含む金融サービス事業の調整後EBITDAが同32.1%増となったことが増益に貢献した。

セグメント別の売上高は以下の通り。「資源」が同5.2%増の2.49億USD、「輸送」が同7.5%増の3.18億USD、「統合マーケット・ソリューション」が同3.1%減の1.34億USD、「金融サービス」が同28.8%増の3.36億USDだった。ただし、買収の影響を除いた金融サービス事業のオーガニック売上高は同5%増だった。IHSとマークイットの統合後の4つのセグメントで構成される事業ポートフォリオにより、バランスよく安定的に収益を上げられるビジネスモデルの強みが発揮された。

How do we view this?

2019/11通期会社計画は、売上高が前期比10.4-12.2%増の44.25-45.00億USD、調整後EBITDAが同11.8-13.7%増の17.50-17.80億USD。ただし、アイプリオの前期売上高を12ヵ月分計上した場合のオーガニック売上高成長率は同6-7%である。7/22にカナダ連邦政府の炭素排出権に係る価格システムの追跡ソリューションを提供すると発表した。これによって炭素排出量を削減する連邦政府の政策が強化されると期待される。気候変動リスクが企業財務に与える影響については、投資家への開示が世界的に強化されることが見込まれており、環境関連データの価値は今後高まるものと予想される。また、IHSとマークイットは顧客基盤の重複が少なく相補的であることからコスト削減によるシナジー効果を発揮しやすいことから利益率の向上も期待できよう。データ主導経済の傾向が強まる中で、主要産業から金融サービスまで豊富な分析データ資産の価値は高まるものと考えられる。2019/11通期の市場予想は、売上高が前期比10.8%増の44.43億USD、当期利益が同0.6%減の5.39億USDである。

配当予想(USD)-(予想はBloomberg)
終値(USD)65.25 2019/7/23

会社概要
米IHS(産業調査会社)と英マークイット(金融情報会社)が2016/7に統合し、マークイットをグループ持ち株会社とする総合金融情報会社として再編された。これにより、産業調査から金融情報まで幅広い分野の調査や分析を提供できるようになった。顧客基盤の重複が少ない両社の統合により、企業や政府、金融機関などとの関係を強化し、IT投資などの効率化によるコスト削減を目指している。5,000人以上のアナリスト、データサイエンティスト、金融・産業スペシャリストなどによって、業界の専門知識に基づき高品質なデータの提供によって顧客の意思決定を支援している。2018/5に、IRサービスや資本市場動向情報、およびM&A等のディール支援システムを世界中の上場企業と証券会社に提供するIpreo(アイプリオ)を買収し、金融サービス事業を強化した。

マークイットは景気動向を示すPMI(購買担当者景気指数)を国別に算出しており、民間セクターの経済状況をより早く提供する指標としてエコノミスト、経営者、市場予測者、政策決定者に活用され、中央銀行の政策金利決定のためのデータ、あるいは金融業界のアナリストが公式の経済指標を予測するためにも用いられている。

企業データ(2019/7/24)
ベータ値時価総額(百万USD)
企業価値=EV(百万USD)
3ヵ月平均売買代金(百万USD)

主要株主(2019/7) (%)
1.VANGUARD GROUP9.67
2.ARTISAN PARTNERS LTD PARTNERSHIP7.02
3.MARKIT GROUP HOLDINGS6.29
(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)



【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:フィリップ証券 リサーチ部
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 国際公認投資アナリスト 笹木和弘
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券の株式CFD

  • 世界16,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。