そーせいがストップ高、アストラゼネカから一時金

  • がん免疫療法候補薬にマイルストン

  • 1500万ドル受領へ

bg_astrazeneca_1440967

8日後場の東京株式市場で創薬ベンチャーのそーせいグループがストップ高。英製薬大手アストラゼネカと開発しているがん免疫療法の候補薬について、アストラゼネカから1500万ドル(約16億円)のマイルストン(一時金)を受け取ると7日発表したことが材料になっている。

午後1時10分現在、値幅制限上限の前日比150円(16.16%)高の1078円ストップ高買い気配で推移。3営業日続伸となっている。

この候補薬「AZD4635」がアストラゼネカの臨床試験に進んだことで、マイルストンの達成が通知されたという。そーせいは2019年3月末までにマイルストンの支払いを受けるとみられる。

「AZD4635」はそーせいが創薬し、15年にアストラゼネカに対しグローバルでの独占的ライセンスを付与していた。

「AZD4635」は経口投与が可能で、固形がん患者を対象に第1相臨床試験を実施している。アストラゼネカは第2相臨床試験の開始を目指している。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。