日経平均は小幅続落、朝安後に円安で下げ幅縮小

・22日のダウ平均、301.87ドル安
・日銀、大規模緩和策を維持

Source: Bloomberg

?? ?????? ??? ??????? ???? ZOZO

23日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続落。前日の米株式市場の大幅な下げや、米中貿易協議に対する期待感の後退などで売りが先行した。朝方に180円超下げたが、その後、為替がドル高・円安に振れたことなどで下げ幅を縮小。一時プラス圏で推移した。

日経平均の終値は前日比29.19円(0.14%)安の2万0593.72円。

資生堂東京エレクトロン花王などが日経平均を押し下げた。一方、SoftBank Group Corpグループはプラス寄与度で首位。

東証株価指数(TOPIX)も続落。9.40ポイント(0.6%)安の1547.03で終えた。

東証33業種のうち、値下がりは31業種。値下がり率上位は石油・石炭製品、鉱業、ゴム製品など。一方、値上がりしたのは情報・通信と精密機器。

日銀は23日まで開いた金融政策決定会合で大規模緩和策の現状維持を決めた。上場投資信託(ETF)などの資産買い入れについても、現在の方針を据え置いた。株式相場の反応は限定的だった。

化粧品関連株

トランプ大統領が対中強硬姿勢を維持していることが伝えられ、米中貿易協議に対する期待感は後退。加えて最近の経済指標から中国の景気減速が鮮明になるなか、中国景気に敏感な化粧品メーカーが売られた。

日経平均へのマイナス寄与度が最大となった資生堂は続落。208円(3.33%)安の6032円で取引を終えた。

同様にマイナス寄与度で上位となった花王は135円(1.78%)安の7466円で引けた。コーセーの終値は360円(2.39%)安の1万4680円。

ZOZO、下げ止まらず

ZOZOは大幅続落。終値は121円(5.7%)安の2000円。前日は6.36%下げていた。

同社が展開する衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」への出品停止の動きが引き続き材料視されている。一部メディアが昨日、ZOZOが会員制サービスを見直すと伝えたが、下げ止まっていない。

これまでに「23区」や「組曲」、「五大陸」を取り扱うオンワードホールディングス、「ミキハウス」を手掛ける三起商行、宝飾品ブランドを展開するヨンドシーホールディングスなどが出品を停止しており、ユナイテッドアローズの撤退も伝えられている。

SUBARUが国内生産停止

SUBARUが国内唯一の完成車工場である群馬製作所での生産を停止していると報じられ、株価が下落した。その後、早ければ28日から生産を再開すると伝えらえれると下値を切り上げた。

終値は88円(3.44%)安の2469.5円。

部品メーカーから調達している電動パワーステアリングの一部に不具合が見つかったことが生産停止を招いたとみられている。電動パワーステアリングはハンドル操作を補助する部品。現在、原因を調査しているという。

ソフトバンクグループは大幅高。終値は189円(2.41%)高の8028円。国内の大手証券が「買い」でカバレッジを再開したことが伝えられた。

22日のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落した。国際通貨基金(IMF)による世界経済成長率見通しの下方修正などが響いた。終値は前週末比301.87ドル安。

関連記事

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。