アップル業績予想下方修正で村田製など関連株が大幅安

  • アップル終値ほぼ10%安
  • ファーウェイ機器禁止も打撃
bg_apple_1358677
4日前場の東京株式市場はほぼ全面安となるなか、村田製作所などのアップル関連株の下げが目立つ。米国時間2日夕方にアップルが2018年10~12月期の売上高見通しを下方修正したことなどが売り材料になった。

前場終値は村田製作所が前営業日比1465円(9.8%)安の1万3490円。同社はアップルのスマートフォン「iPhone」向けに樹脂多層基板を提供する。

送受信用制御ICを製造するロームは560円(7.95%)安の6480円。アクチュエーターを製造するアルプスアルパインは123円(5.76%)安の2012円。

TDKは420円(5.44%)安の7300円。コンデンサーを製造している。液晶ディスプレイを提供しているジャパンディスプレイ(JDI)は1円(1.39%)安の71円。

日経平均株価の午前終値は607.37円(3.03%)安の1万9407.40円。下げ幅は一時、700円を超えた。

アップルの業績予想

3日のニューヨーク株式市場でアップルは15.73ドル(9.96%)安の142.19ドルで取引を終えた。

アップルは18年10~12月期の売上高が当初予想よりも5~10%少ない840億ドルになる見通しだと発表した。中国でのiPhoneの販売低迷を理由に挙げた。今回の見通しの修正で、売上高は16年7~9月期以来、9四半期ぶりに前年同期を下回ることになる。

昨年11月の決算発表の際、アップルは10~12月期の売上高を890億~930億ドルになると予想していた。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は投資家向けの手紙で、売上高見通しの下方修正の大半は中華圏で起きたし、四半期が進むにつれて停滞が目立つようになったと説明した。

昨年発売したiPhoneの新機種「XR」の販売が伸びていないことも業績修正の一因。

ファーウェイ問題の影響

米国とその同盟国が中国のファーウェイ(華為技術)の通信機器を自国市場から排除する動きを起こしていることも、日本の部品メーカーにとって打撃となっている。

ファーウェイ・ジャパンによると、同社の日本企業からの部品調達額は17年実績が約4900億円で、18年は日本の対中国輸出額の4%に相当する6700億円と見込まれている。

村田製作所をはじめ京セラ、パナソニックなどのがファーウェイに製品を納入している。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。