アップルは任天堂を買収すべきと米有力紙 任天堂株が大幅続伸

  • アップルは大型買収を検討しているとクックCEO

  • 米証券はアップル買収候補にソニー・ピクチャーズなど挙げる

bg_apple_1358677

米金融専門紙バロンズ(電子版)が米国時間11日、米アップルは任天堂を買収すべきとの記事を掲載した。これを受け、15日の東京株式市場で任天堂が大幅続伸した。

任天堂の終値は前週末比1400円(4.62%)高の3万1730円。一時、3万2090円まで上昇した。

当該記事にはティム・クック最高経営責任者(CEO)による「アップルは引き続き大型の買収を検討している」との発言が引用され、特質が似ている任天堂がアップルと最も相性が合う可能性がある、との分析が盛り込まれている。

クック氏は今年に入り、同社はネットキャッシュ・ニュートラルを目指す、と投資家に宛てた手紙で述べていた。

一方、14日にはウェドブッシュ証券のアナリストが「アップルがサービス事業会社として成功するには映画制作会社を買収する必要がある」と述べ、A24やライオンズ・ゲート・エンターテインメント、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントなどを候補に挙げた。

14日の米株式市場でアップルは2.29ドル(1.5%)安の150ドルで取引を終えている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。