日経平均は大幅続落、アップル・ショックで一時700円超下落

  • 大発会としては3年ぶりに下落

  • 米中が電話以外では初の貿易協議開催へ

bg_tokyo_stock_exchange_1144826

4日の東京株式市場で日経平均株価が大幅続落。米アップルによる売上高見通しの下方修正を受けて大幅に下げた米国株に追随。終値ベースで3営業日ぶりに2万円を割り込んだ。

終値は前営業日比452.81円(2.26%)安の1万9561.96円。大発会としては16年以来3年ぶりの下落だった。

業種別では空運、ガラス、不動産が下落、電気・ガス、陸運、石油が上昇した。

日経平均株価は前場で700円以上下げる場面があったが、後場で下げ幅を縮小。外国為替市場でドル安・円高の進行が一服したことや、中国株などアジアの株式市場が底固く推移したことでやや値を戻した。

個別では村田製作所(9.8%安)やローム(8.66%安)、ミネベアミツミ(7.86%安)などの下げが目立った。

ドル円相場は国内実需筋からのドル買い注文で、午後に入り108.45円付近まで強含んだ。午前中は107円台半ばで推移していた。

アップルが業績修正

3日のニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が急落。前日比660ドル02セント安の2万2686ドル22セントで引けた。アップルの売上高見通しの下方修正が下落の背景。

アップルは2日夕、2018年10~12月期の売上高が当初予想よりも5~10%少ない840億ドルになる見通しだと発表した。中国でのスマートフォン「iPhone」の販売低迷を理由に挙げた。今回の見通しの修正で、売上高は16年7~9月期以来、9四半期ぶりに前年同期を下回ることになる。

昨年11月の決算発表の際、アップルは10~12月期の売上高を890億~930億ドルになると予想していた。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は投資家向けの手紙で、売上高見通しの下方修正の大半は中華圏で起きたし、四半期が進むにつれて停滞が目立つようになったと説明した。

アップルは3日、15.73ドル(9.96%)安の142.19ドルで取引を終えた。

米中が貿易協議

中国商務省は4日、7~8日に北京で米国と次官級の貿易協議を実施すると発表した。米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表などが訪中する。

昨年12月のアルゼンチンでの米中首脳会談の後、両国が電話以外で貿易問題を協議するのは初めてとなる。

両国の貿易摩擦の緩和への期待から、上海総合指数は朝方のマイナス圏からプラス圏へと浮上。終値は前日比50.51ポイント(2.05%)高の2514.87。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。