日経平均は3日続伸、米株高や米中貿易協議の進展期待で

  • 一時300円近く上昇

  • 医薬品が上昇率上位

bg_stock_market_trader_dax_098987987

9日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。米国株やアジア株の上昇や、米中貿易協議の前進への期待で買いが優勢となった。

日経平均の終値は前日比223.02円(1.1%)高の2万0427.06円。後場の前半に300円近く上昇する場面があった。

医薬品、パルプ、精密機器などが上昇率上位。一方、不動産、証券、空運などが下落率上位。

ダイキン工業、テルモ、リクルートホールディングスが日経平均寄与度上位。ほかにエーザイや大日本住友製薬などの医薬品メーカーの寄与度も大きかった。

医薬品が高い

大日本住友製薬は230円(6.37%)高の3840円。同社は4日続伸したバイオベンチャーのサンバイオの株式を5%超保有する大株主で、サンバイオとともに再生細胞薬「SB623」を開発している。

サンバイオは860円(8.87%)高の1万0560円。引け際に1万0720円の上場来高値を付けた。

サンバイオは7日引け後、米国で大日本住友製薬と共同で実施している再生細胞薬「SB623」の慢性期脳梗塞を対象とした第2b相臨床試験に対し、カリフォルニア州再生医療機構(CIRM)から総額2000万ドル(約21億7000万円)の補助金を獲得しており、このうち昨年12月28日付で経過観察終了達成分の補助金100万ドルを受領したと発表。これを評価した買いが入っている。

創薬ベンチャーのそーせいグループはこの日も大幅続伸。終値は94円(8.72%)高の1172円。開発しているがん免疫療法の候補薬について、アストラゼネカから1500万ドル(約16億円)のマイルストン(一時金)を受け取ると発表して大幅高となった昨日の流れを引き継いだ。

ニューヨーク原油が続伸

ニューヨーク原油先物相場が7日続伸したことで石油関連株も高い。終値は出光興産が前日比95円(2.53%)高の3850円、昭和シェル石油が42円(2.63%)高の1642円、コスモエネルギーホールディングスが34円(1.4%)高の2464円。

8日のニューヨーク原油先物相場は7日続伸。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近2月限は前日比1.26ドル高の1バレル=49.78ドルで取引を終え、その後の時間外取引では50ドルを上回る水準で取引された。

7日にサウジアラビアが原油輸出を減らす計画だと伝わり、需給改善への期待が強まった。さらには米株式相場が続伸したことを受け、リスク資産である原油にも買いが入った。

一方、アップル関連株は一部が軟調に引けた。アップルによるスマートフォン「iPhone」の新型3機種の10%減産が伝えられたことが背景にある。

TDKは50円(0.66%)安の7550円。アルプスアルパインは14円(0.66%)安の2111円で引けた。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。