外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません 外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

ブロードコム、2019/10期1Q(11-1月)は調整後ベースで増益確保、2019/10通期の増収見通しを据え置き

ナスダック | 半導体素子 | 業績フォロー
BLOOMBERG AVGO:US| REUTERS AVGO.O

  • 3/14発表の2019/10期1Q(2018/11-2019/1)は、売上高が前年同期比8.7%増の57.89億USD、純利益が同92.4%減の4.71億USD。調整後EPSは5.55USDと市場予想の5.23USDを上回った。
  • 事業再編費や減損損失が響き減益だが、調整後ベースでは4.3%の増益。好調なネットワーキングがワイヤレスの落ち込みを補った。
  • 2019/10通期会社計画は、売上高が245億USD(前期実績:208.48億USD)、営業利益率が17.6%(同:24.6%)、設備投資が5.50億USD。12/6に示した増収見通しを据え置き。市場予想を上回った。

What is the news?

3/14発表の2019/10期1Q(2018/11-2019/1)は、売上高が前年同期比8.7%増の57.89億USD、純利益が同92.4%減の4.71億USD。粗利益率は55.4%と前年同期の49.3%から610bp改善。前年同期の税制改革に伴う一時利益が剥落したほか、事業再編費用や減損損失の計上等が響き減益となった。これらのほか、株式報酬費用や買収に係る無形資産の償却費用など特別項目を除く調整後ベースの純利益は同4.3%増の24.46億USDだった。調整後EPSは5.55USDと市場予想の5.23USDを上回った。半導体ソリューション事業では、ワイヤレス向け製品が急激に落ち込んだものの、ネットワーキング向け製品が好調に推移し全体を下支え。2018年に買収した業務向けソフトウェア開発ベンダーのCA Technologiesの統合が順調に進捗したことでインフラストラクチャーソフトウェア事業が大幅に伸長。

セグメント別の売上高は以下の通り。半導体ソリューション事業は、前年同期比11.7%減の43.74億USD。全体の76%を占めた。ワイヤレス向け製品が急減したもののネットワーキング向け製品が2桁の増収となっており、ワイヤレス向け製品の落ち込みを除けば増収であった。インフラストラクチャーソフトウェア事業は同4.3倍の14.03億USD。全体の24%を占めた。その他、特許ライセンス事業は同72.7%減の1,200万USD。

How do we view this

2019/10通期会社計画は、12/6の2018/10通期決算発表時点の計画を据え置いた。売上高が245億USD(前期実績:208.48億USD)、営業利益率が17.6%(同:24.6%)、設備投資が5.50億USDである。今回初めて公開した非GAAP営業利益率は51%である。非GAAP営業利益率では、買収関連の無形資産の償却費用52.10億USDや株式報酬費用20億USD、事業再編費用7.50億USD、買収関連費用2.20億USDなどが除かれている。売上高の見通しは、一部下方修正を織り込んでいた市場予想の243.03億USDを上回った。同社は、今四半期が半導体需要の底だとする他の半導体メーカーと同様の見解を示している。2019/10通期市場予想は、売上高が前期比17.0%増の244.07億USD、当期利益が同71.8%減の34.53億USDである。

phillip_fig_broadcomm_Mar25_01
配当予想(USD) 10.12 (予想はBloomberg)
終値(USD) 293.84 2019/3/18

会社概要
1961年設立のブロードコムを半導体大手のアバゴ・テクノロジーが2016年に買収し、社名をブロードコムに変更。CMOSベースのデバイスおよびアナログIII-Vベースの製品を中心に、幅広い半導体デバイスの設計、開発、販売を手掛けている。同社製品は、エンタープライズおよびデータセンターネットワーキング、ホームコネクティビティ、セットトップボックス、衛星通信、電気通信機器、携帯電話および基地局、データセンターサーバー、ストレージシステム、FA、発電システム、電子ディスプレイなどの最終製品に組み込まれる。

2017年にネットワーク・プラットフォーム機器ベンダーのBrocade Communications Systems、2018年にソフトウェア企業のCA Technologiesを買収した。CA Technologiesの事業を中心にインフラストラクチャーソフトウェア事業も展開している。

企業データ(2019/3/19)
ベータ値 0.92
時価総額(百万USD) 116,315
企業価値=EV(百万USD) 148,863
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 877.9

phillip_fig_broadcomm_Mar25_02
主要株主(2019/3) (%)
1.Capital Group Cos Inc 25.85
2.Vanguard Group Inc 8.16
3.ブラックロック 6.50


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:フィリップ証券 リサーチ部
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 国際公認投資アナリスト 笹木和弘
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

弊社の個人情報保護方針・アクセスポリシーにご同意の上、申し込みください。

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。