米国マンスリー、“新たな「期待」を抱き、いざ、頂上奪還を目指す?”

米国マンスリー 2019年3月号

Source: Bloomberg

ハト派になったパウエル議長

パウエルFRB議長は2/26の議会証言で、経済は良好だが一部で「相反する流れやシグナル」が見られると指摘。それを踏まえ、1月のFOMCでは将来の政策金利について辛抱強いアプローチを取ることは正当化されると判断したと説明した。また、この先の政策判断は引き続きデータ次第となると述べた。

金融当局者の間では、利上げ再開を巡る意見の相違が顕在化しそうだ。アマースト・ピアポント・セキュリティーズは、低失業率の下でインフレ率が2%近辺で推移するなら再開すべきとするクリーブランド連銀総裁に代表される陣営と、インフレ率が自分達の予想を上回る必要があるとするNY連銀総裁に代表される陣営に大別。今後はボードメンバーの動向が注目されよう。(増渕)

【FRBは辛抱強いアプローチ~利上げ再開では意見の割れるボードメンバー】

phillip_fig_Monthly_Mar19_01

英ブレグジットの歴史的考察

市場は、期限が迫る英国のEU離脱に係る「ハード・ブレグジット」懸念に揺れている。外から見れば「英国人は賢明でない選択をしている」と映るが、歴史を紐解くと、既に欧州大陸から離脱した経験があることが分かる。時は16世紀、ローマ教皇や神聖ローマ皇帝のローマ・カトリック教会から離脱・独立、イギリス国教会を確立した歴史である。

年表にあるように、ヘンリ8世王妃離婚問題から紆余曲折を経て、エリザベス1世よってイギリス国教会が確立。その後、スペインの無敵艦隊を撃破し大英帝国の礎を築いた。現在の英国民の心理には栄光へ向かう歴史の記憶が刻まれているのだろうか?(笹木)

【英ブレグジットの歴史的考察~欧州からの離脱が大英帝国の礎に!】

phillip_fig_Monthly_Mar19_02

米大統領は「底値買い」の天才?

トランプ大統領は昨年12/25に「まさに「素晴らしい買いの好機だ」と主張、NYダウでは、12/26始値から2/26終値まで19.2%(4200ドル)上昇した。

相場下落局面で歴代大統領が株式市場に関するコメントを発し、買い転換を演出していることがある。ニクソン(1970/5)「率直に言ってお金があればすぐに株を買う」、レーガン(1985/3)「雄牛を解き放つ」、ブッシュ(2002/7)「株式市場のバリューは割安」、オバマ(2009/3)「株式の買いは潜在的に良い取引」など。割安なタイミングでの発言は買い転換へのきっかけになりやすいということは言えるだろう。(笹木)

【歴史が示す大統領発言の有効性~大統領は「底値買い」の天才か?】

phillip_fig_Monthly_Mar19_03

取引所間競争の激化と寡占化

英調査会社の取引所ブランド価値調査によれば、2019年トップ10のうち米国が5社を占めた。NYSEは親会社がICEであり、上場企業としてはCMEグループ(CME)、インターコンチネンタル取引所ICEナスダックNDAQCBOEホールディングスCBOEの4社。4社間でも時価総額ではCME(2/26末で637億USD)とICE(同428億USD)に対し、NDAQ(同151億USD)とCBOE(同106億USD)に分かれ二極化している。

CMEグループやICEが傘下の取引所を更に増やし寡占化の傾向を強めている中で、利用料金への不満を背景にユーザーの大手金融機関が取引所を創設する動きも要注目である。(笹木)

【取引所間競争の激化と寡占化~米国製が圧倒、強者が更に勢力拡大】

phillip_fig_Monthly_Mar19_04

米国の消費者マインドが復調

商務省が2/14に発表した12月の小売売上高は前月比1.2%減。減少幅は2009/9以来9年3ヵ月ぶりの大きさだった。一方、2/15に発表された2月のミシガン大学消費者マインド指数は95.5と2年ぶり低水準だった前月から持ち直し、市場予想の93.7も上回った。12月は株式市場の急落や政府機関閉鎖の影響が出たが、一時的な落ち込みと見られる。FRBの利上げ見合わせもあり当面は堅調な個人消費が維持されよう。

ウォルマート(WMTが2/19に発表した2019/1期4Q(2018/11-2019/1)では、注目のウォルマート・米国の既存店売上高が前年同期比4.2%増と市場予想の同3.2%増を上回る伸びを見せた。アマゾン・ドットコム(AMZNの躍進で低迷が続いた小売株だが、好決算銘柄は反転の機会もあろう。(増渕)

【米国の消費者マインドが復調~ウォルマートの好決算で反転も】

phillip_fig_Monthly_Mar19_05

FAANG銘柄の10-12月期決算

FAANG銘柄の10-12月期は、中国事業が不振だったアップル(AAPL)を除き大幅増収。フェイスブック(FB)アマゾン・ドットコム(AMZN)は60%台の増益。アルファベット(GOOGLも売上高が4Qで過去最高となった。独自作品の制作費が膨んだネットフリックス(NFLX)は減益。

ただ株式市場では先行きのガイダンスに注目が集まっており、反応は大きく分かれた。アップルの1-3月期売上高見通しは市場予想と近い水準であった。2018年末の厳しい状況がそれ以上悪化していないことを示唆すると見られ、株式は買われた。一方、アマゾンは1-3月期の売上見通し(560-600億ドル)が市場予想(610億ドル)を下回り、株価は急落。米ハイテク株では物色の方向が変わる可能性もあろう。(増渕)

【FAANG銘柄の決算が出揃った~物色の潮目は変わるか!?】

phillip_fig_Monthly_Mar19_06


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:フィリップ証券 リサーチ部
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 国際公認投資アナリスト 笹木和弘
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。