ファーウェイ機器、米国企業に使用禁じる大統領令検討

  • 早ければ来年1月発動と米報道
  • 国内メーカーへの影響必至か
bg_huawei_1315185

トランプ米大統領は米国企業に対し、国家安全保障上の重大な脅威となる外国メーカーの通信機器の使用を禁止する大統領令を出すことを検討している。中国メーカーのファーウェイ(華為技術)などを想定しており、早ければ来年1月にも発動する可能性がある。

ロイターが報じたもので、名指しはしないがファーウェイ、および中国の中興通訊(ZTE)の通信機器を米国市場から閉め出す狙いとみられる。大統領令の文面は確定していないという

検討されているのは国際緊急経済権限法の発動。大統領に国家緊急事態を宣言する権限を付与するもので、外交や安全保障、経済への重大な脅威に対処するため、商取引を規制できると定めている。

米国では8月、政府機関が2社の製品を使うのを禁じる国防権限法が成立。大統領令の発動により、民間企業による中国製品の排除が加速する可能性がある。

日本企業への影響

こうしたなか、ファーウェイの日本法人ファーウェイ・ジャパンが27日、全国紙5紙に王剣峰社長名で意見広告を掲載し、日本での活動を説明。このなかで、日本企業からの部品調達額について17年実績は約4900億円とし、18年は日本の対中国輸出額の4%に相当する6700億円になると予想した。

米国が禁止する中国製品には日本メーカーの電子部品が多く使用されており、これらのメーカーの業績に影響が及ぼすことは必至とみられる。

村田製作所をはじめ京セラ、パナソニックなどの大手企業がファーウェイに製品を納入している。

関連記事:日本政府、ファーウェイ排除を民間に要請へ インフラ14分野

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。