マレーシア航空は売却か閉鎖も マハティール首相が発言

・政府系ファンド傘下で再建中
・「近く決断下す」と首相

Source: Bloomberg

マレーシア航空 マレーシア カザナ・ナショナル エアアジア

マレーシアのマハティール首相は、経営不振のマレーシア航空について、経営を立て直す選択肢を残す一方、売却や閉鎖の可能性もあると発言した。マレーシアのメディア、スターオンラインが12日伝えた。

マレーシア航空は現在、政府系投資ファンドの傘下で経営再建を進めているが、依然として困難な状況に直面している。当初は2018年の黒字化と、20年までの再上場を目指していた。

マレーシア航空は14年に2機の旅客機を事故で失った。同年3月、クアラルンプールから北京へ向かっていた便が消息を絶った。オーストラリアが主導し、インド洋で航空史上最大規模の捜索活動が行われたが、機体は発見できずに17年1月に捜索は打ち切られた。

同年7月にはウクライナ東部の上空を飛行していた便が、ロシア製のミサイルにより撃墜されている。

完全国有化

事故の後、同社では客離れが深刻化した。当時、株式69.4%を保有していた政府系投資ファンドのカザナ・ナショナルが全未保有株式を取得し、同社は同年、完全国有化された。

カザナ・ナショナルはその後、大規模な人員削減などのコスト圧縮や販促策の強化を試みたが、マレーシア航空の不振は現在に至るまで続いている。

カザナ・ナショナルは今月5日、18年の税引き・配当前の最終赤字が約1700億円になったと明らかにした。マレーシア航空など保有株の価値が低下し、多額の減損損失を計上したことが背景にある。

マレーシア航空によると、18年第4四半期のロードファクター(有償座席利用率)は76.6%。一方、マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアによると、長距離部門エアアジアXの第4四半期のロードファクター78%だった。

首相は「政府はマレーシア航空に関する選択肢を検討しており、近く決断を下すだろう」と述べた。

IG証券の株式CFD

  • 世界8,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供
  • 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む世界の株式を1株からリーズナブルにお取引
  • 世界の有名企業の株が取引可能

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD
売値
買値
更新時間
変動値
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
売値
買値
更新時間
変動値

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。