中国、19年GDP成長率目標を6~6.5%に引き下げる見通し:報道

  • 17年と18年の成長率目標6.5%前後
  • 下支え策の導入続く
SHANGHAI LAND RECEIVERSHIP

中国は2019年の国内総生産(GDP)成長率目標を6~6.5%のレンジで設定する見通しとロイターが11日夕報じた。

それによると、この目標は昨年12月の中央経済工作会議で承認され、3月の全国人民代表大会(全人代=国会)で発表される見通し。関係筋の情報として伝えた。

17年と18年の成長率目標である「6.5%前後」からの引き下げとなる。16年は6.5~7%だった。

相次ぐ景気テコ入れ策

中国は減速する景気をテコ入れするため、下支え策を相次いで打ち出している。

李克強首相が9日主宰した国務院常務会議では、中小企業への与信と税負担軽減策の詳細が決定した。向こう3年間、小規模企業を対象に、年間2000億元(約3兆円)規模の減税を実施する。

また、中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は同日、小規模企業などを対象に新たな中期貸出制度「MLF」を月内に開始すると発表した。期間は最長3年間としている。

これに先立つ4日に人民銀は銀行の預金準備率を2段階で合計1ポイント引き下げると発表している。新規融資向けに約1165億ドルの資金を金融システムに供給することで、景気減速に対処する。

春節の連休前の今月15日と25日に預金準備率をそれぞれ0.5ポイント引き下げる。預金準備率の引き下げはこの1年間で5回目で、資金供給規模はその中でも最大。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。