NZドル・円が5週間ぶり高値、利下げあと1回との見方で 豪ドルも高い

・RBNZ、次回会合で0.25%利下げとの観測
・中国の景気刺激策強化に期待

18日の外国為替市場でニュージーランドドルが円や米ドルなどの主要通貨に対して上昇している。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る条件を修正することで当事者双方が合意したことや、中国政府が景気対策を強化するとの期待から、ニュージーランドの景気は底入れし、利下げは年内のあと1回をもって当面打ち止めとなる可能性があるとの見方が浮上した。

NZドルの対円相場は日本時間午前中に69円台前半に上昇。この数日間に幾度か突破を試みた69円の節目を越えて、9月13日以来5週間ぶりの高値を付けた。午後もこの日の高値付近で堅調に推移している。

NZドルの対米ドル相場も上昇。0.63米ドル台後半まで上昇し、9月16日以来の高値を付けた。

豪ドルも上昇

豪ドルもまた主要通貨に対して上昇している。

豪ドルの対円相場は17日の欧州での取引で9月13日以来の高値となる74.39円付近まで買われており、その後も米国や18日のアジアでの取引を通じて74円台前半を維持している。

豪ドルの対米ドル相場は日本時間午前中に0.6838米ドル付近まで上昇。9月18日以来の高値を付けた。

NZ追加利下げ観測

ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)は9月25日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1%に据え置くと発表。「インフレ目標や雇用を維持し景気を支えるため、一層の財政刺激、金融緩和の余地がある」との声明を発表した。8月の前回会合では0.5%の利下げを決定している。

中銀のスカンド副総裁は今月16日、統計局が7~9月期の消費者物価指数(CPI)を発表した後の講演で、追加利下げが必要になるかもしれないとの見方を示した。

7~9月期のCPIは前年比1.5%の上昇となり、前期の同1.7%から伸びが鈍化した。

市場は中銀が11月13日の次回会合で0.25%の利下げを行う可能性が高いとする一方、住宅価格の底入れや堅調な商品相場を受け、その後の金融政策について再検討している。

中国GDP

中国国家統計局が日本時間午前11時に発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比6.0%増となり、市場予想の6.1%増を下回った。

米中貿易摩擦の影響による製造業の低迷を受け、1992年の四半期統計開始以来、最低の水準となった。

一方、同時に発表した9月の鉱工業生産は前年比5.8%増となり、市場予想の5.0%増を上回った。

9月の小売売上高は前年比7.8%増と、予想と一致した。

GDPの低迷を受け、中国政府が景気刺激策を強化するとの期待が市場で膨らんだ。


本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IG証券のFXトレード

  • 英国No.1 FXプロバイダー*
  • 約100種類の通貨ペアをご用意
  • ドル円スプレッド0.2銭**

* リテールFX取引アクティブ口座数。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2019年7月
** 日本時間 午前9:00 – 午前3:00(翌日)において原則固定(例外あり)。標準銘柄の場合。2019年10月28日時点

リアルタイムレート

  • FX
  • 株式CFD
  • 株価指数CFD

※上記レートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。株式のレートは少なくとも15分遅れとなっております。

モーニングメール

ストラテジストによる「本日の予想レンジとトレンド」を毎朝※無料でお届け中! ※メール送信は基本的に月~金の平日を予定しておりますが、ストラテジストの都合により予告なく送信を行わない日がございますので、予めご了承ください

こちらのコンテンツもお勧めです

IG証券はお取引に際してお客様がご負担になるコストについて明確な情報を提供しています。

FX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニー。IG証券について詳しくはこちら

その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。