米政府機関が閉鎖の可能性 為替は一時3カ月ぶり110円台

  • 現在の予算は21日で期限切れ
  • 大統領、暫定予算案への「壁」建設予算計上を要求
bg_capitol_hill_1312210

今週末の米政府機関閉鎖の可能性が高まった。閉鎖を回避するために上院が19日に可決し下院に送付された暫定予算案について、トランプ大統領が20日、国境の壁の建設予算が盛り込まれていないことを理由に署名しない意向を示した。これを受け、外国為替市場ではドルが売られる展開となった。

トランプ氏は、21日深夜の期限までに議会で承認されるいかなる予算にも国境の壁建設のための財源が含まれている必要があるとし、上院が可決した暫定予算案に署名しない方針を議会共和党指導部に伝えた。

これを受け、下院共和党は法案修正を目指す方針だ。

トランプ氏は国境の壁の建設費用として、少なくとも50億ドルを今年度予算に盛り込むよう求めてきた。

先月の中間選挙の結果、来年から議会下院は民主党が多数派となることから、トランプ氏にとって壁建設の公約を実現する上での正念場だ。

3カ月ぶりのドル安・円高

政府機関閉鎖の観測を背景に外国為替市場ではドルが急速に売られる展開。対円相場は日本時間午前4時過ぎに110.82円を付けた。9月中旬以来ほぼ3カ月ぶりのドル安・円高水準だ。

その後、ダドリー前ニューヨーク連銀総裁が、景気が減速した場合は金融当局は利上げを休止すると発言したことなどで、下げ幅を一部縮小した。

午前10時20分現在、111.20円付近で推移している。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。