グローバルウェイ、スイスで申請中のICOが1月以降に認可へと発表

  • ICOで日本非居住者から最大40億円を調達へ
  • 国内で仮想通貨交換登録業者の申請手続き開始
BG_cryptocurrency_crypto_bitcoin_ether_litecoin

転職情報サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが19日午後、スイス金融市場調査局(FINMA)に申請している仮想通貨技術を使った資金調達(ICO)実施に向けた認可が来年1月以降におりることを確認したと発表した。認可され次第、速やかに公表するという。

一方、ICOの詳細、および業績に与える影響については、現時点ではその内容は確定していないという。

グローバルウェイは4月13日、スイスで現地法人Time Ticketを設立し、FINMAへのICO実施の認可申請を行うことを発表していた。

ICOは独自のデジタル権利証(仮想通貨)を発行し、投資家から資金を集める仕組み。

FINMAから認可されれば、日本国外でICOを実施し、独自の仮想通貨「タイムコイン」を販売する予定だ。このICOで日本の非居住者から最大40億円を調達する意向であることが報じられている。

日本の居住者に関しては、将来的に国内の仮想通貨取引所を通じてタイムコインを購入できるようにするという。同社は国内で仮想通貨交換登録業者の申請手続きを開始している。

スイス子会社を設立したのはクリプト・バレー(暗号の谷)と呼ばれるツーク州。多くのブロックチェーン関連企業が同州に拠点を構えている。

グローバルウェイは個人が空き時間を30分単位で売買できるサービス「タイムチケット」を展開しており、タイムチケット上でタイムコインを活用したプラットフォームを開発する予定。新機能を実装したタイムチケットはインド、インドネシア、ミャンマーなどの東南アジアや南アジア諸国での展開も視野に入れるという。

タイムチケットの現在のユーザー数は約11万人。取り扱うチケットの種類は約3万種類。

19日の東京株式市場でグローバルウェイは、ICO実施の認可が来年1月以降になることを確認したと発表した後に急伸。しかし、引け際に売りが優勢となり、年初来安値に相当する前日比39円(2.01%)安の1900円で引けた。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。