ソフトバンク公開価格割れ 上場時時価総額は東証1部で7位

  • 初値1463円
  • 資金調達額2.65兆円、NTT抜き過去最大
bg_tokyo_stock_exchange_1144822

きょう東証1部に新規上場したソフトバンク は、公開価格(1500円)を37円(2.5%)下回る1463円で初値をつけた。

上場時の時価総額は7兆1800億円で東証1部銘柄では7位。

午前9時51分現在、1392円で推移している。これまでの安値は1344円。

公開価格が決定してから、大規模通信障害などの悪材料が出ていた。

親会社ソフトバンクグループは前日比20円(0.24%)安の8239円で推移。携帯子会社が下げているため、親会社が計上する株式含み益の減少などが不安視されている。

ソフトバンクグループが子会社上場で市場から調達した額は2兆6500億円。1987年のNTTを抜く過去最大のIPOとなった。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。