大正製薬小安い、ブリストル仏子会社買収で合意近いとの報道

  • OTC医薬品扱うUPSAが対象
  • 評価額は約1820億円か
bg_pharmaceutical_983214

17日の東京株式市場で大正製薬が小幅に下げて取引を終えた。後場が始まってすぐに、米ブリストル・マイヤーズ・スクイブのフランス子会社の16億ドル(約1820億円)での買収で合意に近づいていることが報じられた。

大正製薬の終値は前週末比40円(0.32%)安の1万2560円。

UPSAの買収交渉に関する報道が午後零時40分頃に伝わると、株価は4%超下げて11月21日以来、およそ1カ月ぶりの安値となる1万2090円を付けた。その後、引けにかけて14日終値付近に戻した。

ブルームバーグが伝えたことろによると、買収の対象は処方箋を必要としないOTC(一般用)医薬品を扱うUPSA。

協議は継続しており、早ければ今週にも合意が発表される見通しという。一方、合意に到達しない可能性も引き続き残されている。

同部門の評価額は約16億ドル(約1820億円)になる可能性がある。

09年にはアジア向けOTC買収

ウェブサイトによると、UPSAは1994年にブリストルマイヤーズに買収された。「ダファルガン」「エフェラルガン」といった鎮痛剤やインフルエンザ治療薬、栄養剤などを販売している。

大正製薬は09年にもブリストルマイヤーズからアジア(日本と中国除く)を対象とするOTC部門を3億1000万ドル(約280億円、当時)で買収している。

大正製薬の2017年3月期連結売上高は2797億7300万円。

日本の製薬大手は引き続き海外M&Aに積極的だ。今月は武田薬品工業によるアイルランドのシャイアーの約460億ポンド(約6兆8000億円)での買収が両社の臨時株主総会で承認されている。

関連記事:武田薬品が続落、年初来安値うかがう シャイアー買収巡るリスクを意識

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。