日本政府、ファーウェイ排除を民間に要請へ インフラ14分野

  • 中央省庁や自衛隊の調達からも排除
  • 米国防権限法踏まえた動き
bg_huawei_1315185

政府は情報漏えいやサイバー攻撃など安全保障上の懸念がある情報通信機器を来年1月から調達しないよう民間に要請する。名指しは避けたが、中国の通信機器会社ファーウェイ(華為技術)やZTE(中興通訊)などを念頭に置いている。

日本経済新聞が13日付で伝えた。政府はすでに中央省庁や自衛隊などが使用する情報通信機器からこれらの企業の製品を排除する方針を表明しており、来年4月以降の調達に適用する。

政府は今回、情報機器や金融、航空、空港、鉄道、電力、ガス、水道、物流、クレジットなど重要インフラ14分野でファーウェイなどの製品を調達しないよう民間企業や団体に要請するという。

政府の動きの背景には、米国が今年8月に成立した2019年度の国防権限法により、2社を含む中国ハイテク企業5社の製品・部品の政府調達を禁じたことがある。20年8月には5社の製品・部品を使用する企業が米政府と取引すること自体を禁止する。

13日後場の東京株式市場では電子部品関連株が小幅まちまち。上述のような売り材料がある一方、中国がハイテク産業育成策「中国製造2025」の見直しを検討しているとの報道で、米中間の対立が和らぐ可能性があるとの見方が広がり、下値が支えられている。

村田製作所は前日比150円(0.9%)安の1万6440円、アンリツは6円(0.35%)安の1711円。

TDKは50円(0.63%)高の7980円。ジャパンディスプレイは変わらずの52円。朝方に50円まで下げ上場来安値を更新した。

関連記事:「中国製造2025」見直し報道で欧米株上昇、日経平均も続伸

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。