ファーウェイCFOの保釈決定、日経平均は300円超上昇

  • 保釈金約8億5千万円
  • 米国に身柄引き渡すかに焦点移る
bg_huawei_1315185

中国のファーウェイ(華為技術)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)をカナダ当局が米国の要請に応じて逮捕した事件で、カナダ・バンクーバーの裁判所は11日、孟氏の保釈を認める決定を下した。これを受け、12日の東京株式市場では米中貿易摩擦の緩和に期待した買いが入り、幅広い銘柄が上昇。日経平均株価は300円高となっている。

日経平均は前日比200円超で始まった。午前9時55分現在、349.83円高の2万1497円85銭。

保釈の条件として、孟氏は1000万カナダドル(約8億5千万円)の保釈金を支払う。孟氏はバンクーバーの自宅で暮らせるが、追跡装置を身につける必要がある。パスポートは押収され、夜間外出を禁じられるという。

米国は8月に詐欺容疑で孟氏の逮捕状を発行した。ファーウェイは香港の関連会社、スカイコムを通じてイランと取引をしていたが、孟氏がスカイコムについてファーウェイとは無関係と米金融機関にウソをついたとしている。

米国に身柄を引き渡すかどうかに焦点は移る。カナダの裁判所は、米国の正式な要請に基づいて身柄引き渡しの是非を別途判断する。2019年2月に次回の審理を開く予定。

関連記事:日本政府、ファーウェイとZTE製品を排除へ 安全保障上の懸念で

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。