OPEC総会、「小幅減産」予想増える ヘッジファンドは12週間ぶりに原油買い越し

  • 原油市場は61%の確率で「小幅減産」見込む
  • サウジ皇太子とロシア大統領が協調減産継続で合意
BG_opec_oil_meeting_84098098

6日の石油輸出国機構(OPEC)総会で産油国が協調減産で合意するとの見方が市場で増えている。こうしたなか、11月に22%下落したニューヨーク原油先物相場は下値を切り上げている。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が4日発表したところによると、原油先物市場は61.21%の確率でOPEC総会で「小幅な減産」が決まると見込んでいる。先月30日時点では「小幅な減産」と「減産なし」との見方が拮抗していたが、その後は減産派が増加している。

この背景にあるのが1日のサウジアラビアのムハンマド皇太子とロシアのプーチン大統領の協議だ。アルゼンチンで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の合間に会った両者は、OPECとロシアが実施している原油の協調減産を継続することで一致した。具体的な数量は今後詰めるという。

さらには、米商品先物取引委員会(CFTC)が発表する統計からも、投資家が産油国減産に備えていることがうかがえる。

CFTCが先月30日に発表した27日時点の建玉明細によれば、ヘッジファンドなど資産運用会社によるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油のポジション総数は5年ぶりの低水準に落ち込んだ。弱気ポジションが強気ポジションを上回るペースで減少した結果、買越残高は12週間ぶりに増加している。

G20最中でのロシアとサウジによる減産合意に加え、カナダ・アルバータ州が2日に州内の石油生産業者に対し日量32万5000バレルの減産を命じたことで、原油相場は週明けに反発。1月限は先月29日の時間外取引で1バレル=49.41ドルまで下落した後、4日の時間帯取引で54.55ドルまで上昇した。5日の終値は53.25ドル。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。