iPhoneは「飽和状態」との指摘でアップル株急落 ジャパンディスプレイが安い

  • HSBCがアップル投資判断を「買い」から「中立」に
  • 半導体のシーラス・ロジックが売上高見通し引き下げ
BG_apple_iphone_ipad_stocks_098098

5日の東京株式市場でジャパンディスプレイ(JDI)などアップル関連株が安い。HSBCが4日、スマートフォンiPhoneは飽和状態と指摘し、アップルの目標株価を引き下げたことを受け、米国市場でアップルが急落したことが背景にある。

JDIの終値は前日比2円(2.86%)安の68円。同社はiPhone向けに液晶ディスプレイを供給している。

HSBCはアップルの投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を205ドルから200ドルに引き下げた。

リポートで「アップルのアイコニックなハードウェアの成長はほぼ終わった」とし、「売上高は高価な販売価格と各種サービスの開発に支えられているだけだ」と指摘。その上で「アップルを成功に導いた魅力的(かつ高価格)な製品ポートフォリオは飽和状態に直面している」との見方を示した。

先月にはゴールドマン・サックスが、アップルの目標株価を222ドルから209ドルに引き下げた。また、グッゲンハイムが投資判断を「買い」から「中立」に引き下げ、245ドルとしていた従来の目標株価を取り下げている。

4日のアップル終値は前日比8.13 ドル(4.4%)安の176.69ドル。

TDKの終値は260円(2.84%)安の8880円。ロームは120円(1.47%)安の8030円。TDKはコンデンサー、ロームは送受信用制御ICをiPhone向けに供給している。

シーラス・ロジックが売上高見通しを下方修正

iPhoneの主要サプライヤーで半導体メーカーのシーラス・ロジックが米国時間3日夜に売上高見通しを引き下げたことも、アップル関連株の売りを誘っている。

シーラス・ロジックは7~9月期売上高の82%をアップルから得ている。

同社は最近のスマホ市場の弱さを理由に、10~12月期売上高見通しを3億~3億4000万ドルとし、従来の3億6000万~4億ドルから引き下げた。

4日のシーラス・ロジック終値は前日比0.72ドル(1.86%)安の37.95ドル。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。