NY原油が50ドル回復、ロシアがOPEC減産に協調との見方 出光など石油株高い

  • 米国時間29日未明の時間外取引で49.41ドルまで下落
  • 2017年10月以来の50ドル割れ
BG_opec_oil_meeting_84098098

米ニューヨーク原油先物相場は29日、いったん割り込んだ1バレル=50ドルを回復。ロシアが石油輸出国機構(OPEC)の減産に協調する可能性があるとの報道が背景。これを受け、きょうは出光興産など国内の石油関連株も買われた。

終値は出光興産が前日比285円(7.41%)高の4130、昭和シェルが95円(5.71%)高の1759円、国際帝石が35円(2.99%)高の1205円。

米原油先物の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)1月限は、米国時間29日未明の時間外取引で49.41ドルまで下落。米エネルギー情報局(EIA)が28日発表した週間統計で、米原油在庫が約1年ぶりの高水準となったことが背景。50ドルを割り込むのは2017年10月以来となる。

さらには、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が28日、同国単独での減産は行わないと述べたことも売りの材料になった。

ロシアがOPECの協調減産との見方

しかし、その後の通常取引では、ロシアがOPECとの減産に協調するとの見方から、一転して買いが優勢になった。

ロシアのプーチン大統領が28日、原油価格について60ドルなら満足できるとし、必要に応じOPECとの取り組みを続ける用意があると述べたことが伝えられ、来週のOPEC総会で協調減産が決まる可能性があるとの見方が広がった。

通常取引の終値は前日比1.16ドル高の51.45ドル。

OPECが減産を模索する一方、米国では増産が見込まれる。米石油サービス大手ベーカー・ヒューズは11月21日、米国の石油掘削装置(リグ)稼働数を1079基と発表した。これは前年を156基上回る水準。

米リグ稼働数は16年5月に316基まで減少した後、原油相場の回復を受けて増加に転じた。

関連記事:米掘削リグ稼働数が3年半ぶり高水準 来年の米原油増産へ

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。