セガVS任天堂、90年代ゲーム機市場での覇権争いがドラマに ヴォート=ロバーツが監督

  • 監督は「キングコング:髑髏島の巨神」のヴォート=ロバーツ
  • プロデューサーにセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグ
BG_netflix_tv_080980

2014年出版のブレイク ・J・ハリスによる「セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争(原題:Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle that Defined a Generation)」がドラマ化される。米メディアが明らかにした。

このノンフィクション小説は1990年代とその前後の米国の家庭用ゲーム機市場を描いている。89年にゲーム機「Genesis(メガドライブ)」を北米市場に投入する際、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を本体にバンドルすることを決断し、その結果、任天堂の牙城を崩した当時のセガ米国子会社CEOのトム・カリンスキー氏に焦点を当てている。

ミニシリーズとなる予定の本作品は制作の布陣が豪華。手掛けるのは米レジェンダリー・ピクチャーズのテレビ部門、レジェンダリー・テレビジョン。ネットフリックスのオリジナルシリーズなどで有名なマイク・ロソリオがパイロット版の脚本を執筆し、「キングコング:髑髏島の巨神」のジョーダン・ヴォート=ロバーツがこれを監督する。

さらに、エグゼクティブ・プロデューサーに制作会社ポイント・グレイ・ピクチャーズのセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグらが名を連ねている。

放送日時は未定。また4大ネットワーク、ケーブルテレビ局、ストリーミング・プラットフォームのいずれで公開されるかはまだ明らかではない。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。